グロウ・フィールドのちょっと寄り道が、ここに帰ってきました。

url_kinsi_onegai03.jpg
DSTT 最初の一歩
2012-01-09 Mon 18:00
はじめてのDSTT .. 題して『DSTT 最初の一歩。』

1201_dstt_logo01.jpg

『ちょっと寄り道 AGAIN (仮)』 2012年 最初のDSネタは基本に戻ってDSTT標準カーネル。

DSTTについては、YSMenuの導入を主に取り扱ってきましたが、振り返ってみたら標準カーネルについて取り上げたことはありませんでした。
一般的には、「DSTTで使い始めは標準カーネルでは?」と思い、今回は『DSTTの最初の一歩』ということで標準カーネルをピックアップします。

標準カーネルといってもDSTTの場合、現状のメインは非公式カーネルとなり、
「Unofficial DSTT Kernel Ver1.18」カーネルとして、配布されています。

非公式カーネルゆえに色々なところで配布されておりメニュー表記も若干異なります。
メニューの表記は使用している"language.ini"の内容によって異なります。
日本語の表記については、配布されているカーネルによって作者が異なり、表記方法が若干違っています。
そこで、今回の説明では、混乱を避けるため英文表記の物を使用し解説させていただきます。
尚、( )カッコ内で代表的な日本語表記を記載します。


MicroSDのセットアップ
入手した、「Unofficial DSTT Kernel Ver1.18」カーネルから
TTMENU.DAT と TTMenu フォルダをMicroSDにコピーします。
(TTMENU.SYS は、MicroSDになければ初回起動時に自動で作成されます。)

ゲームROMは、"NDS","GAME"等の好きな名前でフォルダを作成し入れてください。

DSTTの起動
MicroSDをDSTTに挿入しDSにセットし電源ON
まずはこんな画面が表示します。
1201_dstt_hajimete_01as.jpg
上画面 選択されているROM情報を表示します。

ファイル名、ファイル容量
セーブデータ作成日時、ゲームコード 等を表示


1201_dstt_hajimete_02as.jpg
下画面 MicroSDに入っているNDSファイルが表示されます。

DSTTはフォルダ分けは出来ないです。
MicroSD内のNDSファイルをすべて一覧で表示します。
(階層を深くすれば見えなく出来るかも?)


システムオプションの設定
下画面 左上の SystemOption(オプション/本体設定)
1201_dstt_hajimete_03s.jpg
Default reset (デフォルト/ソフトリセット設定)
PASSME Mode (PASSME起動)
GBA Mode (GBAモード/Slot2起動)
Power Off (電源を切る/電源OFF)
Brightness (輝度設定/バックライト調節)

Default reset : ソフトリセットを標準で行う場合、ONにする。
PASSME Mode : SLOT2 アダプタを使用する場合、PASSMEとして使用する。
GBA Mode : SLOT2にセットしたゲームボーイアドバンスを起動する。
Power Off :電源を切る。
Brightness :ディスプレイの輝度(明るさ)を設定する。
        選択しAボタンで順次変更
        輝度はシステム画面以外で、Lボタンでも変更可能

個別ゲーム設定
ファイル名横の+マーク or SELECTボタンにて、設定画面に切り替わる

Option (オプション)画面
1201_dstt_hajimete_04s.jpg
DMA Mode (DMAモード)
Softreset (ソフトリセット)
Cheat (チート)

DMA Mode :DMAモードを使用する場合は、ON
Softreset :ソフトリセット有効にする場合はON
Cheat :チートを有効にする場合はON
     チート設定画面で個別に使用したいチート項目を有効にする。  

Cheat(チート)画面
1201_dstt_hajimete_05as.jpg
ゲーム用のチートがusercheat.dat内にあれば項目が
表示されます。
タイトル横の+マークを押すと登録されているチートの
一覧を表示します。

1201_dstt_hajimete_06s.jpg
設定したしたい項目にチェックをいれ、save(保存)してください。
(チート項目に+マークが有れば項目が折りたたみとなっているため開くことにより細かい設定項目が表示されます。)

標準カーネルの基本的な設定はこんな感じです。
ゲームを実行しお楽しみください。

私も久しぶりに、DSTTの標準カーネルを見ました。
簡単ですが、DSTT標準カーネルについて復習しました。


Unofficial DSTT Kernel が配布元により内容が異なりますが、
内容的には一部ゲームの起動対応。
extinfo.datの登録数量キャパオーバーの対応がされております。
カーネル本体が古いと最新のextinfo.dat, infolib.datに対応できない為、
結果的に最新のタイトルのゲームが起動出来ない場合があります。

2012/1/9段階の有効なファイルのハッシュ値(CRC32)は、
TTMENU.DAT ---> 8546DDE4
ttpatch.dat ----> ADA185FD (DSTT - YSMenu用ファイル)
r4patch.dat ----> BAFB4D21 (R4DS - YSMenu用ファイル)
となります。

datファイルを差し替えても起動できない場合は、確認してみてください。
現状では、上記のTTMENU.DATと最新版のextinfo.dat, infolib.datが共通ならば、
標準カーネルで起動出来る対応範囲は同一です。


---- 参考資料 ----
非公式DSTTカーネルは、名前の如く色々な所で配布されています。
しかしながら中身が若干異なるようです。
ゲーム起動に関しては、TTMENU.DAT, extinfo.dat,infolib.datが同一なら差は有りませんが、
同梱ファイルに違いが見られます。

同梱ファイルの簡単な一覧です。
①. v118 rev*** シリーズ
   revバージョンによって中身が異なります。
②. v1.18 統合版 と表現されているもの
   ファイル名の最後に"remix"
③. 某販売サイトで配布しているもの
   DSTT Kernel Ver1.18-**** ( **** は、ここまで起動できるROM番号 )
④. dsm のアップローダーにある基本カーネルと表現されているもの
⑤. R4iTT カーネルと表現しているもの
  extinfo.dat
  gbaframe.bmp
  infolib.dat
  language.ini
  OPTIONS.SYS
  r4dldi.dat
  r4patch.dat
  reset.mse
  savlib.dat
  SOFTRST.SYS
  system.ank
  system.fon
  system.l2u
  system.u2l
  ttdldi.dat
  TTMenu.nds
  ttpatch.dat
  ttreset.dat
  ttsystem.ini
  usrcheat.dat
  YSMenu.ini
  YSMenu1.bmp
  YSMenu2.bmp
  TTMenu.dat
  TTMENU.SYS

language.ini による、メニュー言語表記
①. v118 rev*** シリーズ -------------------> 日本語表記
②. v1.18 統合版 と表現されているもの ------> 英語表記
③. 某販売サイトで配布しているもの ---------> 英語表記
④. dsm のアップローダーで入手できるもの ---> 日本語表記
⑤. R4iTT カーネルと表現しているもの -------> 日本語表記

TTMenu.nds ------------------> YSMenu.nds をリネームした物
ttpatch.dat,ttdldi.dat ------> DSTT用YSMenuファイル
r4patch.dat,r4dldi.dat ------> R4DS用YSMenuファイル
YSMenu.ini ------------------> YSMenu 設定ファイル
YSMenu1.bmp, YSMenu2.bmp ----> YSMenu用壁紙ファイル(SKIN)
gbaframe.bmp ----------------> GBAエミュレーターでのフレーム画像

非公式カーネルでみるとショップで配布しているものは、シンプルで必要なファイルのみに近いもののようです。

YSMenu作成のベースとして使いやすいのは、R4iTTカーネルといわれているものかな?


別窓 | DSTT | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<STB サービスモード | ちょっと寄り道 AGAIN (仮) | 『週刊 NISSAN R35 GT-R』 も出る>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| ちょっと寄り道 AGAIN (仮) |