グロウ・フィールドのちょっと寄り道が、ここに帰ってきました。

url_kinsi_onegai03.jpg
Unofficial Kernel を使用した DSTT用 YSMenu のセットアップ(2012年版)
2012-02-12 Sun 20:00
Unofficial DSTT v1.18 Kernelを使用したYSMenuの構築
                         (DSTT編 2012)
dstt_logo_01.jpg
Unofficial DSTT Kernel_v1.18 を使用した、
DSTT用 YSMenuの構築 (2012年版)

デフォルトでYSMenuを起動します。



当ブログでは以前より、Unofficial DSTT Kernel を使用した、 YSMenuの構築を取り上げてきましたが、非公式DSTTカーネルは、名前の如く色々な所で配布されており、中身が若干異なります。
標準カーネルとして使用するならば、ゲーム起動に関しては、TTMENU.DAT, extinfo.dat, infolib.dat が同一なら差は有りませんが、同梱ファイルに違いが見られます為、YSMenuの構築には入手したカーネルによっては解説内容ではセットアップ出来ない事になります。

今回は、それらの問題を回避する為に2012年版としてセットアップ方法の見直しを行いました。

必要なもの
① DSTT 非公式カーネル v1.18
② YSmenu   (YSMenu0903270000.zip)

それでは必要なものを準備します。
既に入手できている方は、セットアップに進んでください。

DSTT非公式カーネル の準備
Unofficial_DSTT_Kernel_***********.zip と名乗っている物。
①. v118 rev*** シリーズ
②. v1.18 統合版 と表現されている物 (ファイル名の最後に"remix")
③. 某販売サイトで配布しているもの (ファイル名の最後に"起動対応ROM番号")
④. dsm のアップローダーにある基本カーネルと表現されているもの
⑤. R4iTT カーネルと表現しているもの
私が知っているのは上記5種類と海外の1種類 (YSMenu 6.73))

各自、入手可能な"Unofficial_DSTT_Kernel"を入手してください。
出来れば、最新版が好ましいです。

YSMenu の準備
YSMenu の入手方法は、下記の記事を参考にしてください。
http://cyottoyorimichi.blog22.fc2.com/blog-entry-4.html
最新版の "YSMenu0903270000.zip" を入手してください。

必要なファイルが入手できました。

解説内容は、以下のツールがPCに導入されている事が前提です。
   ---> ちょっと寄り道 AGAIN (仮)『 NDSセットアップ環境の統一 』

それでは、セットアップを行います。
1202_dsttys2012_setup01s.jpg
YSMenu0903270000.zip から、
YSMenu.nds を作業フォルダにコピー

作業フォルダ内にTTMenuフォルダを新規作成

YSMenu0903270000.zip から、
YSMenu.ini をTTMenuフォルダ内にコピー

1202_dsttys2012_setup02s.jpgUnofficial_DSTT_Kernel_v118 のTTMenuフォルダ内から、
ttpatch.dat, ttdldi.dat, ttreset.dat, reset.mse, system.ank, system.fon, system.l2u, system.u2l,
extinfo.dat, infokib.dat, savlib.dat, usrcheat.dat を作業フォルダ内のTTMenuフォルダにコピー

1202_dsttys2012_setup03s.jpg
YSMenu.nds を TTMENU.DATにリネーム

YSMenu.nds は、標準でTTIOのDLDIパッチが当たっているので、
DLDIパッチは不要です。

以上で、DSTT用YSMenuのセットアップは終了しました。

セットアップした、作業フォルダ内のファイルをMicroSDにコピーし動作確認してください。

DSTT用YSMenuでの最小構成はこんな感じになります。
[DSTTT YSMenu]
├ TTMENU.DAT <---- YSMenu.nds をリネームしたもの
└[TTMenu]
 ├ ttpatch.dat <---- Unofficial DSTT Kernel同梱
 ├ ttdldi.dat <---- Unofficial DSTT Kernel同梱
 ├ ttreset.dat <---- Unofficial DSTT Kernel同梱
 ├ reset.mse <---- Unofficial DSTT Kernel同梱
 ├ YSMenu.ini <---- YSMenu0903270000.zip 同梱
 ├ system.ank <---- Unofficial DSTT Kernel同梱
 ├ system.fon <---- Unofficial DSTT Kernel同梱
 ├ system.l2u <---- Unofficial DSTT Kernel同梱
 ├ system.u2l <---- Unofficial DSTT Kernel同梱
 ├ savlib.dat <---- 最新版を常に準備し使用
 ├ extinfo.dat <---- 最新版を常に準備し使用
 ├ infolib.dat <---- 最新版を常に準備し使用
 └ usrcheat.dat <---- 別途好みの物を準備し使用

FAQ

新しいゲームへの対応は、datファイルの更新が必要です。
下記の記事を参考に必要なファイルを更新してください。
infolib.dat、savlib.dat、extinfo.datの更新をしよう

datファイルの更新したが新しいゲームが起動できない。
extinfo.dat の登録数が、ttpach.dat で扱える数をオーバーしている。
(古いTTMENU.DAT, ttpach.dat を使用している。)
最新版の ttpach.dat と差し替えてください。
現在(2012/02/05)の有効なファイルのハッシュ値(CRC32)は、
ttpatch.dat ----> ADA185FD (DSTT - YSMenu用ファイル)

*)YSMenuでなく標準カーネルで同様の問題がある場合は、TTMENU.DATを
差し替えてください。
現在(2012/02/05)の有効なファイルのハッシュ値(CRC32)は、
TTMENU.DAT ---> 8546DDE4 または、E14E079D


参考資料 - Unofficial DSTT KernelのYSMenuに関する同梱ファイルの違い。
revremixromdsmR4iTT
 TTMenu.nds
 YSMenu.ini
 ttpatch.dat
 ttdldi.dat

[rev] -----> v118 rev*** シリーズ (バージョンによって中身が異なる場合あり)
[remix] ---> v1.18 統合版 と表現されているもの (ファイル名の最後に"remix")
[rom] -----> 某販売サイトで配布 (ファイル名の最後に、起動できるROM番号 )
[dsm] -----> dsm のアップローダーにある基本カーネルと表現されているもの
[R4iTT] ---> R4iTT カーネルと表現しているもの

TTMenu.nds 同梱の"Unofficial DSTT Kernel"を入手されている方は、
以下の記事を参考にしたほうが簡単にYSMenuが構築できます。
Unofficial DSTT v1.18 Kernelを使用したYSMenuの構築 (DSTT編 )


別窓 | DSTT | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<サプリメントを愛用の日々 | ちょっと寄り道 AGAIN (仮) | MicroSDのベンチマーク>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| ちょっと寄り道 AGAIN (仮) |