グロウ・フィールドのちょっと寄り道が、ここに帰ってきました。

url_kinsi_onegai03.jpg
Wood R4Ui にセーブファイル作成ツールを導入。
2012-03-08 Thu 20:00
Wood R4Ui にセーブファイル作成ツールを導入。

r4ui_logo_1a.jpg

Wood R4Uiの弱点を解消!
r4i ultra wood ysmenu 2012 カーネル akaio 最新
『 R4i ULTRA が再び注目カードになるのか? 』にて、R4i ULTRA にWood カーネルを構築することが出来、R4Ui 2012年度版 最新カーネルが完成しました。
しかし、Wood R4オリジナル版では、"savesize.bin"にてセーブファイル容量の指定が可能ですが、Wood R4Uiでは未対応です。
その為セーブサイズが、512KB以外の場合は、PC等で事前に用意する必要があります。
ROMのセーブファイルの容量を事前に調べ対応することは面倒です。
そこで今回は、DSTT用の"savlib.dat"を使用しDSでセーブファイルを作成するツールを構築したいと思います。
これにより、セーブファイルのサイズを調べる必要が無く"savlib.dat"に登録されている情報を元に自動で作成することが出来るようになります。

必要なもの
① YSMenu
YSMenu の入手方法は、下記の記事を参考にしてください。
http://cyottoyorimichi.blog22.fc2.com/blog-entry-4.html
最新版の "YSMenu0903270000.zip" を入手してください。

② Wood R4 for Clones 1.42
以下のリンクから入手してください。
http://filetrip.net/f26997-Wood-R4-for-Clones-1-42.html
ファイル名は、26997-Wood R4 for Clones v1.42.rar
(Wood R4Ui構築時に使用したものです。)

③ Unofficial DSTT カーネル
各自で探して準備してください。
(Wood R4Ui構築時に準備していると思います。)

④ 改造パッチ
こちらのリンクから入手してください。 ----> make_save_kit.zip (MediaFire)
こちらのリンクから入手してください。 ----> make_save_kit.zip (uploader.jp)

必要なファイルがそろいました。

解説内容は、以下のツールがPCに導入されている事が前提です。
   ---> ちょっと寄り道 AGAIN (仮)『 NDSセットアップ環境の統一 』

それでは、早速作業に入ります。

作業フォルダに"Wood R4Ui"が、セットアップされている状態から行います。
まだ、"Wood R4Ui" が作業フォルダに構築されていない場合は、以下の記事を確認して下さい。
『 R4i ULTRA が再び注目カードになるのか? 』

YSMenuの改造
1203_makesave_01s.jpg
YSMenu0903270000.zip から、
YSMenu.nds を作業フォルダにコピー

make_save_kit.zip から
Make_Save.ips を作業フォルダにコピー

1203_makesave_02s.jpg
WinIPSを起動
Make_Save.ips を用い、YSMenu.nds を IPSパッチ

Make_Save.nds が作成される

1203_makesave_03s.jpg
Make_Save.ips ,YSMenu.nds を 削除
YSMenu フォルダを新規作成

1203_makesave_04s.jpgmake_save_kit.zip から
gf_save.ips, makesave.ini, ysdummy.dat を
作業フォルダ内のYSMenu フォルダにコピー

26997-Wood R4 for Clones v1.42.rar から、
"__rpg"フォルダ内の rpgloader.nds を
作業フォルダ内のYSMenu フォルダにコピー

1203_makesave_05s.jpg
WinIPSを起動
gf_save.ips を用い、rpgloader.nds を IPSパッチ

gf_save.nds が作成される

1203_makesave_06s.jpg

gf_save.ips 及び、rpgloader.nds を削除

1203_makesave_07s.jpg
YSMenu0903270000.zip から、
YSMenu.ini を作業フォルダ内のYSMenu フォルダにコピー

Unofficial DSTT Kernel から、TTMenuフォルダ内の
savlib.dat, system.ank, system.fon, systeml2u, system.u2l を
作業フォルダ内のYSMenu フォルダにコピー

Unofficial DSTT Kernelの中には、"savlib.dat"が更新されていない古いままの物が存在しますので注意してください。
"savlib.dat" が更新されたら、"savlib.dat"のみ上書きしてください。

以上で、セットアップが終了しました。

作業フォルダ内のファイルをMicroSDにコピーし動作確認を行ってください。

今回の方法で構築した結果は以下のようになります。
[MicroSD]
├[YSMenu]
│├gf_save.nds
│├makesave.ini
│├savlib.dat
│├system.ank
│├system.fon
│├system.l2u
│├system.u2l
│├ysdummy.dat
│└YSMenu.ini
├[__rpg]
├Make_Save.nds
├Wood R4Ui.nds
├_DS_MENU.DAT
└_MENU_.nds

Make_Save.nds使い方。
Make_Save.nds を起動します。
(YSMenuが起動します。)
savファイルを作成したいROMを選択し、起動します。
[savファイルがありません 作成しますか?]のメッセージが出ます。
Aボタンでセーブファイルを作成し、Woodに戻ります。

ROMを最初に起動するときに"Make_Save"でセーブデータを作成することでWood R4Uiの弱点がちょっと解消でき少し便利になったかな?

お疲れ様でした。


別窓 | R4i (ultra) | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<東日本大震災から1年 | ちょっと寄り道 AGAIN (仮) | 梅の花とひな祭りの季節。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| ちょっと寄り道 AGAIN (仮) |