グロウ・フィールドのちょっと寄り道が、ここに帰ってきました。

url_kinsi_onegai03.jpg
Unofficial DSTT Kernelを使用したYSMenuの構築 (DSTT編)
2010-12-04 Sat 21:00
Unofficial DSTT Kernelを使用したYSMenuの構築 (DSTT編)
1012_dstt_logo_01.jpg
Unofficial DSTT Kernel_v117a13_rev** を使用した、
DSTT用 YSMenuの簡単構築

デフォルトでYSMenuを起動します。


DSTTの公式カーネルの更新はV1.17以降、行われていませんが。
非公式カーネルの登場により最新のゲームへの対応が頻繁に行われています。

それが現在、Unofficial DSTT Kernel_v117a13_rev**シリーズをなっています。
当初のv117a13_rev**シリーズは、ttextract.exeを使用しYSMenu化が問題なく出来ていました。

しかし、5215,5216への対応の為、TTMENU.DATに改変が実施され、その時点から ttextract.exeを実施した際、正常なttpatch.dat, r4patch.datが作成できなくなっております。
その後、exitinfo.datの登録数オーバー対策の為の改修も行われております。
1011_dstt_un_ys_load02.jpg
最近のDSTT Kernel_v117a13_rev**のTTMENU.DATを使用し
ttpatch.dat, r4patch.datを作成した場合、ROMを起動すると
プログレスバーが5分の1程度のところで進まなくなります。

しかし、この問題回避として正常動作可能にパッチされたttpatch.dat, r4patch.datが、
Unofficial DSTT KernelのTTMenuフォルダ内に同梱されています。

この同梱によりYSMenuの構築が簡単になりました。

それでは、DSTTのYSMenuセットアップをはじめます。

必要なもの

① DSTT非公式カーネル (rev** シリーズ)
② YSMenu

それでは必要なものを準備します。
既に入手できている方は、セットアップに進んでください。

DSTT非公式カーネルの入手
各自で入手先を探してください。
今回は Unofficial DSTT Kernel_v117a13_rev50(JAP).rar を使用します。

YSMenu の入手
未入手の方は、こちらの記事を参考に入手してください ----> YSMenu の入手

必要なものの準備が出来ました。

それでは、早速セットアップ作業に入ります。

YSMenu の構築①
1012_dstt_un_ys_setup01s.jpg
Unofficial DSTT Kernel_v117a13_rev50(JAP).rar から、
TTMENU.DAT,TTMENU.SYS 及び、TTMenuフォルダを
作業フォルダにコピー

YSMenu0903270000.zip から、
YSMenu.nds,YSMenu.iniを作業フォルダにコピー


YSMenu の構築②
1012_dstt_un_ys_setup02s.jpg
YSMenu.nds を DLDIパッチ
DLDI File : TTCARD IO Library

TTMENU.DAT を TTMenu.nds にリネーム
YSMenu.ndsのコピーを作成しTTMENU.DATにリネーム


YSMenu の構築③
1012_dstt_un_ys_setup03s.jpg
TTMenu.nds, YSMenu.nds, YSMenu.ini を
TTMenuフォルダに移動


YSMenu.iniの編集
TTMenu.nds をSTARTボタンメニューへ登録します。
/TTMenu/YSMenu.ini を開きます。
-------------------------------------------------
; External Application (Start Button Menu)
;EXT_APP1_FILE=/_DS_MSHL.NDS
;EXT_APP1_NAME=MoonShell
EXT_APP1_FILE=/TTMENU/TTMenu.nds
EXT_APP1_NAME=TTMenu

-------------------------------------------------
また、/TTMenu/skin/default は、標準のTTMenu.ndsが使用しますので、
そのまま残してください。
(お気に入りのDSTT用のSkinファイルに置き換えるのは問題ありません)


作業フォルダ内のファイルをMicroSDにコピーしDSTTにて動作確認を行ってください。
STRATボタンメニューから、TTMenuが動作するかも確認してください。

各種ファイルの更新
以下の記事を参考に更新を行ってください。
usercheat.datの更新 -----> こちら
infolib.dat、savlib.dat、extinfo.datの更新 -----> こちら
YSMenuの壁紙(skin)変更ソフト導入方法 -----> こちら

DSTTでのYSMenuライフを満喫してください。


MicroSDのセットアップファイル構成は
[Unofficial DSTT Kernel_v117a13_rev** ---> YSMenu]
├[TTMenu]
│├[skin]
││└[default]
│├extinfo.dat
│├infolib.dat
│├language.ini
│├r4dldi.dat
│├r4patch.dat
│├reset.mse
│├savlib.dat
│├system.ank
│├system.fon
│├system.l2u
│├system.u2l
│├ttdldi.dat
│├TTMenu.nds
│├ttpatch.dat
│├ttreset.dat
│├ttsystem.ini
│├usrcheat.dat
│├YSMenu.ini
│└YSMenu.nds
├TTMENU.DAT
└(TTMENU.SYS)


お疲れ様でした。

別窓 | DSTT | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<AceKard 2i にYSMenuをセットアップ(改訂版) | ちょっと寄り道 AGAIN (仮) | DSTTに YSMenu を導入>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| ちょっと寄り道 AGAIN (仮) |