グロウ・フィールドのちょっと寄り道が、ここに帰ってきました。

url_kinsi_onegai03.jpg
DSONE系カードにYSMenu/TTMenu のセットアップ自動化
2013-01-27 Sun 20:00
セットアップ自動化プロジェクト 第八弾

1301_dsone_setup_logo01.jpg

DSONE系カードで YSMenu/TTMenuのデュアルブート。
DSONE(i)は、DSTWO登場以降もファームウェアのアップデートは継続されており、
そのオ対応のよさは上位にランクされ、今なお人気のカードとなっています。

そこで、今回は、DSONE(i)にYSMenuとTTMenuのデュアルブートの
セットアップの自動化対応を行います。

DSONE系カードは以下のようなもの代表的であり今回のツールも対応しています。
こちらは、本家 supercard.sc のカード
1301_dsone_setup_01m.jpg   1301_dsone_setup_02m.jpg   1301_dsone_setup_03m.jpg
今回のツールが使える代表的なカードたち
1301_dsone_setup_04m.jpg   1301_dsone_setup_05m.jpg
他にも有るかもしれませんので調べてみてください。

YSMenuについてはDSTT系の物を導入します。
その為、以前リリースした 『 DSTT(i)及びDSTT系カードにYSMenu のセットアップ自動化 』
でも、"ALL Boot FileName"を選択することにより一部のDSONE(i)で使用することは
可能なのですが、あくまでも裏対応で有りますので、DSONE(i)は人気カードということも有り、
TTMenuとのデュアルブートを構成し専用のツールにしました。

セットアップ自動化プロジェクト、第8弾として過去に公開した記事
DSONEi でTTカーネルをダイレクトブート。
DSONEi で YSMenu をダイレクトブート
上記の2項目について統合したセットアップ自動化ツールを構成しました。


注意事項
セットアップ自動化ツールの使用については、以下の記事の内容を必ず確認してください。
『セットアップ自動化ツールについて』
http://cyottoyorimichi.blog22.fc2.com/blog-entry-222.html


必要なファイルを準備
① 公式DSTTカーネル V1.17 日本語版
公式サイトから入手
公式サイト ----> http://www.ndstt.net/
TTMenu Kernel v1.17, 2009-01-06
Japanese ------> ttmenu_jp.zip

linfoxdomain.comより入手
linfoxdomain ----> http://www.linfoxdomain.com/nintendo/ds/
Japanese -----> DSTT_Menu_v1.17_Japanese.zip

② 非公式DSTTカーネル
各自で新しい "Unofficial DSTT Kernel"を準備してください。

③ YSMenu
YSMenu の入手方法は、下記の記事を参考にしてください。
http://cyottoyorimichi.blog22.fc2.com/blog-entry-4.html
最新版の "YSMenu0903270000.zip" を入手してください。

④ r4cce
⑤ Winips
⑥ SJISフォント"FONT_SET_R1"
④~⑥については、以下の記事を参考に入手してください。
ちょっと寄り道 AGAIN (仮)『 NDSセットアップ環境の統一 』
http://cyottoyorimichi.blog22.fc2.com/blog-entry-2.html

⑦ dlditool (non-GUI版)
chishm.drunkencoders.com ----> dlditool-win32.zip (non-GUI)
linfoxdomain.com ---> dlditool_win32_v1.23.zip

⑧ ttio.dldi
yasuさんのサイトから入手してください。
[http://home.usay.jp/pc/] → [ETC] → [NintendoDS] →
「じゃんく品」のカテゴリ内のttio.dldi から入手
ファイル名 :ttio.zip

⑨ 文字列置換
文字列置換を以下のところから入手してください。
http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se271454.html
ファイル名 : chikan04b.lzh

⑩ セットアップキット
DSONE_YSTTMenu_setup-KIT.zip
こちらから入手してください。 ----> DSONE_YSTTMenu_setup-KIT.zip (MediaFire)
こちらから入手してください。 ----> DSONE_YSTTMenu_setup-KIT.zip (uploader.jp)


Auto_Setup-KITの環境構築
DSONE_YSTTMenu_setup-KITを任意の場所に解凍し、入手したファイル類を
下記の構成で配置してください。
[Auto_Setup-KIT]

├[_OUTPUT]

├[Kernel]
│ │
│ ├[Official_DSTT117]
│ │ │ 公式DSTTカーネル v1.17 をここにおいてください。
│ │ ├[TTMenu]
│ │ ├ TTMENU.DAT
│ │ └ TTMENU.SYS
│ │
│ └[Unofficial_DSTT_Kernel]
│   │ 非公式DSTTカーネルの新しい物をここにおいてください。
│   │  最新版の"dat"ファイルは、ここのTTMenu内に置いて下さい。
│   ├[TTMenu]
│   └ TTMenu.dat

├[MySD]
│  現在使用しているカーネルの環境設定を引き継ぐ場合はここにおいて下さい。

├[patch]
│ ├ boot_scds1.ips
│ ├ ds1_ttmysd_nocopy.txt
│ ├ ds1_ttnocopy.txt
│ ├ enter_key
│ ├ SCDS1_filecheck.txt
│ ├ tt-ttmenu.ips
│ └ usrcheat.txt

├[temp_work]

├[tools]
│ │  集めた各種ツールをおいてください。
│ │
│ ├[FONT_SET_R1]
│ │ │ SJISフォント"FONT_SET_R1"の4ファイルを置いて下さい。
│ │ ├ system.ank
│ │ ├ system.fon
│ │ ├ system.l2u
│ │ └ system.u2l
│ │
│ ├ chikan.exe <-------- 文字列置換より
│ ├ dlditool.exe <------ dlditool-win32.zip or dlditool_win32_v1.23.zipより 
│ ├ r4cce.exe <--------- r4cceより
│ ├ r4chinese.dll <----- r4cceより
│ ├ zlib1.dll <--------- r4cceより
│ ├ ttio.dldi <------  ttio.zip より
│ ├ winips.exe <-------- WinIPSより
│ ├ winips.ini <-------- WinIPSより
│ ├ ttextract.exe <----- YSMenuより
│ ├ YSMenu.nds <-------- YSMenuより
│ └ YSMenu.ini <-------- YSMenuより

├[usrcheat]
│ │ 新規にチートを変換使用する場合は、おいてください
│ └ usrcheat.dat

└ DSONE_YSTTMenu_setup.bat


セットアップの実行
DSONE_YSTTMenu_setup.bat を実行してください。
アナウンスに従い処理を進めてください。
詳細は、下記の個別補足事項を参考にしてください。

MicroSDへのコピー
"_OUTPUT" フォルダ内にセットアップしたファイル類が出来ます。
すべてのファイル/フォルダをMicroSDにコピーして動作確認を行ってください。

お疲れ様でした。


個別補足事項
セットアップカーネルの指定について
1301_dsone_setup_06m.jpg
YSMenu/TTMenu の組み合わせセットアップ内容を
指定します。

YSMenu or TTmenu 単独か、
デュアルブートかを選択選択してください。

起動カーネルの選択について
1301_dsone_setup_07m.jpg
デュアルブートを選択した場合、
標準で起動するカーネルを指定します。

カードタイプの指定について
1301_dsone_setup_08m.jpg
所有のカードタイプを指定します。
英語版、日本語版、中国語版。
2種類の起動ファイル名から選べます。
基本的に、"SCFW.SC"で問題ないと思いますが、
起動できない場合、"MSFORC.NDS"を選択してください。


必要ファイルについて、、
下記の条件を満たせば、収集ファイルを削減できます。
公式カーネル v1.17
非公式カーネルに、2012/05/02 以降作成の"ttpatch.dat"が存在する場合は、
非公式カーネルの"ttpatch.dat"をそのまま使用します。
ローダー抽出に公式カーネルを使用しませんので
構成ファイルに公式カーネルは配置しなくても良いです。

SJISフォント"FONT_SET_R1"
SJISフォント"FONT_SET_R1"が存在しない場合、自動的に非公式カーネルの
フォントファイルを使用する設定になっています。
非公式カーネルのフォントファイルがS-JISの場合は、
構成ファイルにSJISフォント"FONT_SET_R1"を配置しなくても問題ありません。

わからない場合は、入手したファイルをすべて配置すれば間違いありません。

プラットフォーム見直し実施
このセットアップ自動化ツールについては、デスクトップ/マイドキュメント内の配置に
対応しております。


更新情報
(アップデートファイルは基本的に、構築済セットアップキットに上書きしてください。)
v1.01 [2013/02/04]   初版(v1.00) ---> v1.01
更新内容 : 新プラットフォーム採用
こちらから入手してください。 ---> DSONE_YSTTMenu_setup-KIT_v101.zip (MediaFire)
こちらから入手してください。 ---> DSONE_YSTTMenu_setup-KIT_v101.zip (uploader.jp)


別窓 | セットアップ自動化 | コメント:3 | トラックバック:0 |
<<N70双擎HD ファームウェアの更新 | ちょっと寄り道 AGAIN (仮) | アンドロイドがやってきた。 パート3>>
この記事のコメント
[こんにちは]
グロウ・フィールドさん、こんにちは。

batファイル更新頂きありがとうございます。
デスクトップ上でも使用できました。

処理も非常に早いですね。

セットアップ自動化プロジェクト、第何弾まで予定されているのでしょうか?
2013-02-03 Sun 11:02 | URL | りん #r2W5us32[内容変更]
[re:こんにちは]
りんさん、こんばんは。

>処理も非常に早いですね。
ハードディスク上ではあっという間に終了してしまいますね。
がんばって処理している感じを出すために処理状況を表示させているのですが、
あまり効果がないような気がしています。

>セットアップ自動化プロジェクト、第何弾まで予定されているのでしょうか?
『2013/01月度 記事閲覧 ベスト10』でも簡単に述べていますが、
当初計画していたブログで紹介したカードについては、標準的なセットアップについては、
リリース出来たと思っています。
他の要望等も上がっていないのでここで一旦ひと区切りです。
これから幾つか特典版のツールを考えています。
2013-02-03 Sun 19:27 | URL | グロウ・フィールド #EBUSheBA[内容変更]
[DSONEi v1.01]
DSONEi Auto-Setup-KIT v1.01更新をリリースしました。
2013-02-04 Mon 00:22 | URL | グロウ・フィールド #EBUSheBA[内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| ちょっと寄り道 AGAIN (仮) |