グロウ・フィールドのちょっと寄り道が、ここに帰ってきました。

url_kinsi_onegai03.jpg
R4i GOLD 状況の整理
2013-05-19 Sun 19:00
R4i GOLD 状況の整理。
1305_r4idscn_logo01.jpg

ファームウェアの対応範囲が複雑で判らなくなってきた。
R4i GOLD 3DS (r4ids.cn) は、従来からファームウェアのアップデートの対応がよく
一番の人気カードと考えられますが、最近はちょっと傾向が変わってきております。

R4i GOLD 公式サイト ---> http://www.r4ids.cn/

従来は、旧カードについてもファームウェアのリリースを行なっておりましたが、
3DS v4.4 以降、対応できないカードも発生してきております。
そこで、2013/05現在の状況を整理してみました。

カードの識別方法は端子部から見える番号で行ないます。
1305_r4ig_c01m.jpg
端子部分の右端のスリット内に英数字が見えます。
この英数字を基に、Rev * 等の表現がされます。


R4i GOLD non-3DS
1305_r4ig_n01m.jpg
旧カードで3DSのラベル表記がないものです。
同様のデザインのカードが多くあるので注意が必要です。

URL表記は、www.r4ids.cn

端子部から見えるPCBの番号は 1~5
1305_r4ig_04m.jpg  1305_r4ig_05m.jpg

現行対応ファームウェア :3DS V4.3.0-10 and NDSi V1.4.4
ftp://r4idsdown:r4idsdown@soft.r4ids.cn/R4iGold_Non3DS_3DS43.rar
このファームウェアを導入すると、
1305_gold_Pippa_Funnel.jpg
アイコンは、PIPPA FUNNELL UBISOFT になります。

このファームウェアの問題点は、起動に時間が掛かることが指摘されています。

R4i GOLD 3DS (初期バージョン)
1305_r4ig_n02m.jpg
3DSラベル表記のある物です。
同様のデザインのカードが多くあるので注意が必要です。

URL表記は、www.r4ids.cn
後期バージョンと外観上の違いはありません。

端子部から見えるPCBの番号は 6~8
1305_r4ig_06m.jpg  1305_r4ig_07m.jpg  1305_r4ig_08m.jpg

対応ファームウェア :V4.3.0-10 and NDSi V1.4.5
ftp://r4idsdown:r4idsdown@soft.r4ids.cn/R4iGold_NDSi145_Patch.rar
公式サイトでは一応、3DS V4.5 patchを開発中となっています。
このファームウェアを導入すると、
1305_gold_hiromichi_oniisan.jpg
アイコンは、"ひろみちおにいさんの おやこたいそうナビ" になります。


R4i GOLD 3DS (後期バージョン)
1305_r4ig_n02m.jpg
3DSラベル表記のある物です。
同様のデザインのカードが多くあるので注意が必要です。

URL表記は、www.r4ids.cn
初期バージョンと外観上の違いはありません。

端子部から見えるPCBの番号は 9,A,C (Bは存在しないかも?)
1305_r4ig_09m.jpg  1305_r4ig_0Am.jpg  1305_r4ig_0Cm.jpg

後期バージョンは、生産ロットで複雑な状況になっています。

基盤 Rev.9、Rev.A、
対応ファームウェア :V5.1.0-11 and NDSi V1.4.5
ftp://r4idsdown:r4idsdown@soft.r4ids.cn/R4iGold_3DS45_NDSi145_Patch.rar
このファームウェアを導入すると、
1305_gold_Nazonazo_Quiz.jpg
アイコンは、"たいけんばん なぞなぞ&クイズ いっとうにゅうこん Qメイト!"

になります。

基盤 Rev.C
アップデート前のアイコンが、"Metroid Prime" 以外の物
対応ファームウェア :V5.1.0-11 and NDSi V1.4.5
ftp://r4idsdown:r4idsdown@soft.r4ids.cn/R4iGold_3DS45_NDSi145_Patch.rar
このファームウェアを導入すると、
1305_gold_Nazonazo_Quiz.jpg
アイコンは、"たいけんばん なぞなぞ&クイズ いっとうにゅうこん Qメイト!"

になります。

基盤 Rev.C
アップデート前のアイコンが、"Metroid Prime"の物。
対応ファームウェア :V5.1.0-11 and NDSi V1.4.5
ftp://r4idsdown:r4idsdown@soft.r4ids.cn/R4iGold_NDSi145_Patch.rar
このファームウェアを導入すると、
1305_gold_hiromichi_oniisan.jpg
アイコンは、"ひろみちおにいさんの おやこたいそうナビ" になります。


R4i GOLD 3DS RTS (RTSバージョン)
1305_r4ig_n03m.jpg
3DSラベル表記に追加しRTSの表記もある物です。
同様のデザインのカードが多くあるので注意が必要です。

URL表記は、www.r4ids.cn

端子部から見えるPCBの番号は C (2013/05 現在)
1305_r4ig_0C2m.jpg
Woodカーネルが、RTSの機能を搭載したことにより登場。
基盤の変更は無いと思われる。

対応ファームウェア :V5.1.0-11 and NDSi V1.4.5
登場時点で上記のファームウェアに対応している為、更新パッチのリリースはまだ無い。
初期のアイコンは
1305_gold_hiromichi_oniisan.jpg
アイコンは、"ひろみちおにいさんの おやこたいそうナビ" 。


旧カードのユーザーには厳しい状況が待っているのか?
2013/05/19の時点においては、
R4i GOLD 3DS Rev.C がファームウェアの更新において注意が必要です。
3DS V4.4のアップデートを行なった"Rev.C"が対象ということになります。
"RevC" は、どちらのカードがスタンダードなのか判りません。
パッチ更新後のアイコンから判断するとRTSバージョンと同一の物の方かな?

今の状況を考えると、
基盤でのリリース判断が難しくなるので、ラベル表記で識別のみに移行するかも?
RTSラベル以外のカードについて、ファームウェア更新パッチのリリースは
厳しくなるのかもしれません。

あとがき
この記事は、R4i GOLD公式サイト、販売店ブログ、各種掲示板、YouTube等の
情報を基に作成しております。
当ブログ管理人がすべて検証した内容ではありません。
間違えた内容も含まれている場合がありますので、ご注意願います。
また、修正点がある場合はご指摘いただければ有り難いです。

ちょっと気になる点。
R4i GOLD 3DSの前期バージョンは、3DS V4.4対応版のファームウェアは未リリースです。
公式サイトでは、「3DS V4.5対応版は待ってね」とあるが、R4iGold_NDSi145_Patch を
適用すると3DS V4.4に対応できているのかどうか、ちょっと疑問となっています。
どなたがご存知お方教えてください。


2013/06/24 追記
3DS v6.0.0-12J 対応パッチがリリースされました。
対応ファームウェア :V6.0.0-11 and NDSi V1.4.5
ftp://r4idsdown:r4idsdown@soft.r4ids.cn/R4ids6.0Patch.rar
このファームウェアを導入すると、
1305_gold_Nazonazo_Quiz.jpg
アイコンは、"たいけんばん なぞなぞ&クイズ いっとうにゅうこん Qメイト!"

になります。

さらに、3DS v6.0に対応させるために基盤の加工が必要です。
1306_60_pcb_cutm.jpg
写真の部分の信号線をカットする必要があります。
詳しくは、"R4ids6.0Patch.rar"に同梱の"readme.doc"を確認してください。

公式サイトには、対象基盤に対する説明がありませんが、
基盤加工の画像の基盤#Cについては加工が必要のようです。

このPatchリリースに伴い、Wood v1.60がこっそり修正されています。
wood v1.60には、2バージョンあり
 _DS_MENU.DAT 2013/06/13
 _DS_MENU.DAT 2013/06/26
加工後は、Wood v1.60 _DS_MENU.DAT の日付が2013/06/26以降の
カーネルしか起動できないようです。

別窓 | R4i-GOLD | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<rooted のGADMEI_E6で話題のゲームを起動 | ちょっと寄り道 AGAIN (仮) | GALAXY TAB (SC-01C) Android ICSへの道のり (その2)>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| ちょっと寄り道 AGAIN (仮) |