グロウ・フィールドのちょっと寄り道が、ここに帰ってきました。

url_kinsi_onegai03.jpg
MoonShell2.10 アプリケーションセットアップを追加
2013-10-27 Sun 19:00
セットアップ自動化 プロジェクト 別冊⑦
               【MoonShell2 アプリケーション】
1310_mshl2_addon_logo01.jpg

セットアップキット拡張キット --- MoonShell2アプリケーション仕様。
DS用メディアプレイヤーであるMoonShell2をダイレクトブートさせるセットアップキットを
前回リリースしましたが、多くの用途であるカーネルにMoonShell2を追加し使用するための
セットアップを今回構築します。
また、既にMoonShell2を導入されているが、resetmseファイルが存在しない為、
「ファームに戻る」機能が使用出来ない方に対して、resetmseファイルのみを作成する
機能も持ち合わせています。

カーネルに追加するアドオンなので、このセットアップで構築されたファイルのみでは
起動することは出来ません。

セットアップ自動化プロジェク 別冊7弾として過去に公開した記事
MoonShell Ver2.10 stable 導入。
http://cyottoyorimichi.blog22.fc2.com/blog-entry-13.html
こちらの記事を基本に自動化を行なっています。

MoonShell2の基本的な使用方法及び設定方法は、以下の記事を参考にしてください。
MoonShellを使用しDSで音楽を聴こう。
MoonShellを使用しDSで動画を見よう。
ファイルリスト等の環境設定は、『MoonShellを使用しDSで音楽を聴こう』の記事にあります。

注意事項
セットアップ自動化ツールの使用については、以下の記事の内容を必ず確認してください。
『セットアップ自動化ツールについて』
http://cyottoyorimichi.blog22.fc2.com/blog-entry-222.html

必要なファイルを準備

① MoonShell version 2.10 stable
公式サイト ----> http://mdxonline.dyndns.org/
2013/10現在、つながりません。
その為、MoonShell2を公式サイトから入手することが出来ない状況です。
以下のリンクから入手可能です。
Moonshell 2.10 Stable Full 2.10 Download
MoonShell 2.10 Stable Child Zwai Edition Download

② 文字列置換
文字列置換を以下のところから入手してください。
http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se271454.html
ファイル名 : chikan04b.lzh

③ Winips
以下の記事を参考に入手してください。
ちょっと寄り道 AGAIN (仮)『 NDSセットアップ環境の統一 』
http://cyottoyorimichi.blog22.fc2.com/blog-entry-2.html

④ セットアップキット
MoonShell2_Add-on_setup-KIT.zip
こちらから入手してください。 ----> MoonShell2_Add-on_setup-KIT.zip (MediaFire)
こちらから入手してください。 ----> MoonShell2_Add-on_setup-KIT.zip (uploader.jp)

以下のファイルは必要に応じて入手してください。
⑤ MoonShell2 用壁紙
moonshell210のextendskinsフォルダ内に作者のおまけとしてあります。
参考として、以下のところにもあります。(日本語メニュへの対応は不明です。)
NDS themes ---> http://www.ndsthemes.com/themes/title/moonshell2


MoonShell2.10 Add-on の環境構築。
MoonShell2_Add-on_setup-KIT.zip を任意の場所に解凍し、
入手したファイル類を下記の構成で配置してください。
[Auto_Setup-Kit]
 ├[_OUTPUT]
 ├[Kernel]
 │ └[moonshll2]
 │   │ Moonshell2 をここに配置してください。
 │   ├[moonshl2]
 │   ├ moonshl2.nds
 │   ├ moonshl2_AltLoader_DKPr27.nds
 │   └ moonshl2_DirectBoot.nds
 │   
 ├[patch]
 │ ├[MSHL2]
 │ │ └ R4TF.ips
 │ ├ 2nd_menu.txt
 │ ├ enter_key
 │ ├ resetmse_filecheck.txt
 │ ├ mshl2_boot_nocopy.txt
 │ └ usrcheat.txt
 ├[temp_work]
 ├[tools]
 │ ├[FONT_SET_R1]
 │ ├ chikan.exe <-------- 文字列置換より
 │ ├ winips.exe <-------- WinIPSより
 │ └ winips.ini <-------- WinIPSより
 ├[Option]
 │ └ [MSHL_Skin]
 │   │ 収集したSKINをこのフォルダ内に置いてください。
 │   └ *.skn
 │ 
 └ MoonShell2_Add-on_setup.bat


セットアップキットの実行
MoonShell2_Add-on_setup.bat を実行してください。
アナウンスに従い処理を進めてください。
セットアップ対象カードは、以下のメニュー画面の通りです。
1310_mshl2_addon_11m.jpg
[1] : R4DS
[2] : DSTT Famly
[3] : R4i-SDHC 赤箱 (r4i-sdhc.com)
[4] : DSONE(i)
[5] : Acekard2(i)
[6] : R4i ULTRA
[7] : R4i GOLD (r4ids.cn)
[8] : R4iDSN (r4idsn.com)
[9] : Dual-Core

1310_mshl2_addon_12m.jpg
resetmseのみの作成の場合、
ここで指定してください。


MicroSDへのコピー
"_OUTPUT" フォルダ内にセットアップしたファイル類が出来ます。
すべてのファイル/フォルダをカーネルのセットアップされた
MicroSDにコピーして動作確認を行ってください。

resetmseを単体でセットアップのされた場合は、作成されたファイルを
moonshl2/resetmse フォルダにコピーして使用してください。

お疲れ様でした。

AutoSetup-Kit 総合メニューへの登録
本セットアップキットを総合メニューに登録する方法。
本セットアップキットを総合メニュー(Main_menu.bat)と同一フォルダに配置するか、
総合メニューで指定してあるBatifileフォルダに配置し、本セットアップキットを実行。
本セットアップキットを実行すると統合メニューに本セットアップキットが登録されます。
別冊なので登録場所は付録メニューになります。
以後は、統合メニューから実行出来るようになります。
*) AutoSetup-Kit 総合メニュー(Main_menu.bat)は、v1.01以降が対象です。
1310_mshl2_addon_21m.jpg   1310_mshl2_addon_22m.jpg


別窓 | セットアップ自動化 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<GALAXY TAB 復旧に向けてチャレンジ(その2) | ちょっと寄り道 AGAIN (仮) | 原道 Mini S カスタムファームウェアの作成に挑戦 (その4)>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| ちょっと寄り道 AGAIN (仮) |