グロウ・フィールドのちょっと寄り道が、ここに帰ってきました。

url_kinsi_onegai03.jpg
原道 Mini S カスタムファームウェアの作成に挑戦 (その5)
2013-11-04 Mon 19:00
原道 Mini S カスタムファームウェアの作成に挑戦。(その5)

1307_minis_fwup01_logo01.jpg

2013/10/19版 Android 4.2.2ベースに実施。原道 Vido mini s cfw rom
"Mini S"の新しいファームウェアが公開されました。
今回の物は、20131019版で2013/10/29に公式サイトにて公開されたものです。

今回も、「アンドロイド少女隊」様のサイトを参考に "Mini S" の
カスタムファームウェアを作成してみました。

原道 公式サイト ---> http://www.yuandaocn.com/
MINI S-4.2-20131019-ZZ固件 ----> http://pan.baidu.com/s/1Fwmt0
Mini S は、ZZ, AZ, BZ の3種類のモデルがありファームウェアも異なるので注意が必要です。
今回のカスタムファームウェアはZZモデル専用です。他のモデルでは使用出来ません。

まずは、確認としてオリジナルのファームウェアを一旦導入。
MINI S-4.2-20131019-ZZ固件
1311_minis_cfw05_01m.jpg  1311_minis_cfw05_02m.jpg  1311_minis_cfw05_03m.jpg
タブレットUIでなくスマホUIです。
従来同様に初期でインストールされている中華アプリは多いです。
標準での言語設定は、中華IMEです。
OpenWnn系の日本語IMEが標準で入っていますが、フルキーボードが無いんですよね。
1311_minis_cfw05_04m.jpg  1311_minis_cfw05_05m.jpg  1311_minis_cfw05_06m.jpg
タブレット情報
モデル番号 : MINI S
Androidバージョン : 4.2.2
カーネルバージョン
3.0.36+ wbj@tchipserver1 #149  Sat CST 2013-10-19 15:24:31
ビルド番号
rk31 sdk-eng 4.2.2 JDQ39 eng.wengbj.20131019135214 test-keys
Antutu (v4.0) 通常: 19907
Antutu (v4.0) MultiWindow: 19488
Antutuの結果からは0828版のファームウェアと大きな差はなさそうです。

やったこと。。
・ 公式ファーム「MINI S-4.2-20131019-ZZ固件」ベースに作成
・ ルート化(SuperSU V1.6.5)
・ フルマーケット化
・ Nexus 7 偽装
・ 内部ストレージ(userdata)領域を1Gから2Gに拡張
  (それに伴い、NAND FLASH(内部SD)は、1GB減少し約4.6GB)
・ 中華アプリの削除
・ 言語設定を日本語、タイムゾーンを日本に指定
・ ESファイルエクスプローラーの追加
・ TitaniumBackupの追加
・ YouTube (4.1.47)の追加
・ iWnnの導入
・ バッテリー表示 100段階表示化
・ 話題のゲームの起動に対応
・ ワンセグチューナー「LDT-1SA01」対応

アップデート作業の開始。
① 「MINI S」 をシャットダウンします。
1311_minis_cfw05_31m.jpg  1311_minis_cfw05_32m.jpg  1311_minis_cfw05_33m.jpg
② RKBatchTool.exeを起動します。
 起動時は、中国語表記になります。
 一番左のボタンにて、言語を英語にします。
③ 更新するファームウェアのimgファイルを指定します
 右上の「...」ボタンをクリックして、更新したいファームウェア(拡張子img)を選択。
 (今回は、[ Mini S-4.2-20131019-ZZ_(mod1102).img ] を指定)
1311_minis_cfw05_34m.jpg  1311_minis_cfw05_35m.jpg  1311_minis_cfw05_36m.jpg
④ 「ボリューム(-)」ボタンを押しながら、USBケーブルでPCに接続します。
 PC側でUSB認識されると、RKBatchTool.exexの[1]が緑色に変わります
 「MINI S」 が認識されたのでボリュームボタンを離します
⑤ RKBatchTool.exeで「Upgrade」ボタンを押すと更新が開始。
1311_minis_cfw05_37m.jpg  1311_minis_cfw05_38m.jpg  1311_minis_cfw05_39m.jpg
⑥アップデート中は、RKBatchTool.exexの[1]が黄色の点滅状態になります。
⑦ 緑のラインが表示され、「MINI S」 が再起動します。
 アップデート後の再起動時は、ブートアニメーションの時間が長いです
⑧ RKBatchTool.exexの[1]の色がピンクに変わりアップデートは終了です。
 「RKBatchTool.exe」を「Exit」ボタンで終了させます。

以上で無事にアップデートが終了しました。

初めてのアップデート時は、PCに端末を認識させる時にUSBドライバーの
インストールが必要です。
公式ファームウェア同梱のUSBドライバを指定しインストールします。

こんな感じです。
1311_minis_cfw05_11m.jpg  1311_minis_cfw05_12m.jpg  1311_minis_cfw05_13m.jpg
中華アプリを削除してすっきりしました。
言語設定は、日本語に変更
バッテリーアイコンは、"%"の数値表示がされています。
1311_minis_cfw05_14m.jpg  1311_minis_cfw05_15m.jpg  1311_minis_cfw05_16m.jpg
タブレット情報
モデル番号 : Nexus 7
Androidバージョン : 4.2.2
カーネルバージョン
3.0.36+ wbj@tchipserver1 #149  Sat CST 2013-10-19 15:24:31
ビルド番号
rk31 sdk-eng 4.2.2 JDQ39 eng.wengbj.20131019135214 test-keys
Antutu (v4.0) 通常: 19925
Antutu (v4.0) MultiWindow: 19265

話題のゲームの起動
SuperSUの「スーパーユーザーを有効化」のオプションを外して下さい。
再びルート化する時は、同オプションにチェックを入れて下さい。
1311_minis_cfw05_21m.jpg  1311_minis_cfw05_22m.jpg  1311_minis_cfw05_23m.jpg

今回のカーネルは、非常にヌルヌル・サクサクで慣れるまで使いにくいかな?

色々と試行錯誤し駄作ではありますが、何とか第五弾が完成しました。

Mini S (ZZモデル)専用なので需要があるか判りませんが、以下にアップします。
ファイル名 : Mini S-4.2-20131019-ZZ_(mod1102).zip
ハッシュ値 : (MD5 Checksum: 1FFD88B6643B605C394D2DDEE4979135)
ファイルサイズ : 289.0 MBytes

mediafire.com ---> ファイル容量制限があるので分割しています。
Mini S-4.2-20131019-ZZ_(mod1102)_001.exe
Mini S-4.2-20131019-ZZ_(mod1102).002

_001.exeファイルを実行しファイルを結合してください。


ちょっとおぼえがき
スマホUIをタブレットUIにする。
 build.prop の ro.rk.systembar.tabletUI=false を true に変更
タブレットUI表示でのシステムバーのボリュームアイコンを消す。
 build.prop の ro.rk.systembar.voiceicon=all を false に変更
スマホUI表示でシステムバーにボリュームアイコンを表示。
 build.prop の ro.rk.systembar.voiceicon=all を true に変更

別窓 | Mini_S | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<GADMEI E6 カスタムファームウェアの作成に挑戦・・中! | ちょっと寄り道 AGAIN (仮) | 2013年 10月度 記事閲覧 アクセスベスト10>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| ちょっと寄り道 AGAIN (仮) |