グロウ・フィールドのちょっと寄り道が、ここに帰ってきました。

url_kinsi_onegai03.jpg
Galaxy S3a SC-03E 環境構築 (ND2編) その2
2014-07-27 Sun 21:00
Galaxy S3a SC-03E 環境構築 (ND2編) その2

1405_sc03_logo_01.jpg

いつものお気に入り環境の構築。
Galaxy S3a (SC-03E) ND2 のルート化が無事に終了しました。
ND2でもお気に入り環境構築のため "Xposed" の定番ツールを導入しました。

なお、SC-03Eのバージョンは、「SC03EOMUBND2」 Android 4.3です。
他のバージョンでは使用出来ない内容もありますのでご注意願います。

Xposed Installer
システムファイル本体をいじらずにカスタマイズ出来る定番ツールです。
最近のバージョンはSC-03Eでは動作しないので、最初から Ver.2.41をインストールしました。
Xposed Installer
1407_sc03nd2_root3_01m.jpg   1407_sc03nd2_root3_02m.jpg


電源メニューとバッテリーアイコンのカスタマイズ
MJ4同様「Advanced Power Menu」は正常動作しませんでした。
・ 電源長押しを行うと電源メニューが出ずに再起動してしまいます。
・ さらに長押しするとシャットダウンします。
仕方がないので「GravityBox」を使用することとしました。

バッテリーアイコンについては「GravityBox」の標準の物ではなく単体で提供されている
MJ4の時に使用したアイコンはND2では動作しませんでした。
Android 4.3対応のバッテリーアイコンがいくつかありましたのでそちらをインストール。
GravityBox_JellyBean_3.1.4
[Xposed Module] Xposed battery module.
1407_sc03nd2_root3_11m.jpg  1407_sc03nd2_root3_12m.jpg  1407_sc03nd2_root3_13m.jpg
バッテリーアイコンと電源メニューの変更が出来ました。


セルスタンバイ問題
MVNOデータ通信専用SIMカードを利用すると
「アンテナピクトが表示されない」「圏外時間100%」といった症状を起こす場合があります。
この症状は、「電波が検索しているが見つけられない」という状態を示すものなので、
セルスタンバイプロセスが常に電波を探す処理を行っている為、バッテリーが消費される。
セルスタンバイ問題が起こった場合には、バッテリーの消耗が激しい。

セルスタンバイ問題解決パッチモジュールを導入します。
Docomo SIM Patcher
Docomo SIM Patcher (Cell ID 取得修正版)
1407_sc03nd2_root3_21m.jpg  1407_sc03nd2_root3_22m.jpg  1407_sc03nd2_root3_23m.jpg
パッチ適用前は、セルスタンバイの詳細を確認すると「圏外時間98%」となっていました。
パッチ適用後、圏外時間 は大きく減少しました。

モジュールパッチ適用後、もう一つの効果が現れました。
1407_sc03nd2_root3_31m.jpg  1407_sc03nd2_root3_32m.jpg  1407_sc03nd2_root3_33m.jpg
1407_sc03nd2_root3_34m.jpg  1407_sc03nd2_root3_35m.jpg  1407_sc03nd2_root3_36m.jpg
ロック画面や、通知バー下スワイプ時に「サービスが利用できません」と表示されましたが、
モジュールパッチ適用後、「NTT DOCOMO」と表示されました。
詳細情報では、サービスの状態は「使用不可」から「サービス中」となりましたが、
ネットワークは「不明」と表示されたままです。


別窓 | Galaxy S3a SC-03E | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<2014年 07月度 記事閲覧 アクセスベスト10 | ちょっと寄り道 AGAIN (仮) | 桃が実りの季節を迎えました。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| ちょっと寄り道 AGAIN (仮) |