グロウ・フィールドのちょっと寄り道が、ここに帰ってきました。

url_kinsi_onegai03.jpg
Galaxy S3a SC-03E root化 (NL1編)
2015-01-15 Thu 20:30
Galaxy S3a SC-03E root化 (NL1編)

1405_sc03_logo_01.jpg

Android4.3 NL1でのルート化。
2015/1/8にGalaxy S3a SC-03E のファームウェアアップデートが配信されました。
更新内容は、NK2で指摘されていた「YouTubeアプリで動画を再生出来ない」件の修正です。

sammobile.com にも「 SC03EOMUBNL1 」は公開されています。
http://www.sammobile.com/
1501_sc03enl1_root01.jpg

sammobile.com は登録が必要です。
サムソンへの登録に抵抗がある方はこちらから -----> http://www.anniblue.com/xda/
1501_sc03enl1_root02.jpg

NL1は不具合に対しての修正なので更新を実施したいと思います。
従来のファームウェアもRoot化を行なっているので今回も実施します。
NL1のルート化については基本的な流れは従来同様でNK2の時と同じです。
一歩一歩ゆっくり確実に進めていきたいと思います。

ルート化したSystem.imgの作成
必要な物
ストックROM (今回の場合は、SC03EOMUBNL1 )
ルート化スクリプト make_rooted_system v3.2.2
Linux環境
VMware Player + Ubuntu で行いました。

ルート化 ファイルの作成。
Linux環境での作業
1501_sc03enl1_root11m.jpg
入手した make_rooted_systemを任意の場所に展開します。

入手した NL1のストックROMを展開し
"system.img","cache.img"を /img/SC03Eにコピーします。

ターミナルを起動します。
make_rooted_system のフォルダに移動します。
1501_sc03enl1_root21m.jpg  1501_sc03enl1_root22m.jpg  1501_sc03enl1_root23m.jpg
"make_rooted_system.sh"、"bin/ext4_utils/mkuserimg.sh" に実行権を与えます。
$ chmod a+x make_rooted_system.sh
$ chmod a+x bin/ext4_utils/mkuserimg.sh
スクリプトを実行します。
$ sh make_rooted_system.sh
機種名と実行内容を指定します。
今回の場合、機種名:SC-03E、実行内容:root
管理者権限のパスワードを入力します。

ルート化がスタートします。
===== SC03EOMUBNL1-ROOTED SYSTEM make end =====
と表示されれば終了。

1501_sc03enl1_root24m.jpgoutフォルダ内にルート化されたOdin3書き込み対応版
"SC03EOMUBNL1-ROOTED-system.tar.md5" が
作成されています。

Odin3書き込みを行うPCへコピーします。



ルート化の実行。
NL1カーネルが導入されているSC-03E専用です。
ビルド番号:SC03EOMUBNL1
私の場合、Android4.3(NK2)なので、初期化を行ないNL1のストックROMを焼きました。
その後、ルート化を行ないました。
1501_sc03enl1_root31m.jpg  1501_sc03enl1_root32m.jpg  1501_sc03enl1_root33m.jpg
SC-03E ををダウンロードモードで起動します。
「ボリュームDOWN」+「HOME」+「電源」ボタンを長押しで起動
Odin3を起動します。
端末をPCへ接続します。
PDA欄に"SC03EOMUBNL1_SC03EDCMBNL1_SC03EOMUBNL1_HOME.tar.md5"を
指定しSTARTを実行。
再起動後、PASS表示となりNL1へのアップデートが完了。
1501_sc03enl1_root34m.jpg
再起動後、設定等は行わず、そのまま電源を切ります。


引き続き、ルート化ROMを焼きます。
1501_sc03enl1_root41m.jpg  1501_sc03enl1_root42m.jpg  1501_sc03enl1_root43m.jpg
再び、SC-03E ををダウンロードモードで起動します。
「ボリュームDOWN」+「HOME」+「電源」ボタンを長押しで起動
Odin3を起動します。
端末をPCへ接続します。
PDA欄に"SC03EOMUBNL1-ROOTED-system.tar.md5"を指定します。
STARTを実行。
再起動後、PASS表示となりルート化されたimgファイルの書き込みが終了。
1501_sc03enl1_root44m.jpg
再起動後、SC-03Eの各種セットアップ設定を行ないます。

端末情報を確認します。
1501_sc03enl1_root45m.jpg
ベースバンドバージョン : SC03EOMUBNL1
ビルド番号 : JSS15J.SC03EOMUBNL1
となっています。


SuperSUのインストール
1501_sc03enl1_root511m.jpg
Google PlayからSuperSUをインストールします。
SuperSUを起動します。

suバイナリのアップデートのメッセージが出ますのでアップデートします。
1501_sc03enl1_root52m.jpg  1501_sc03enl1_root53m.jpg  1501_sc03enl1_root54m.jpg
① 続行を選択しアップデートします。
② 通常を選択します。
③ 再起動を選択します。
以上で、ルート化が終了です。

SC03EOMUBNL1-ROOTED-system.tar.md5 を検索してみましたが、まだヒットしません。
こちらにもNK2以降のRooted-ROMはアップされていません。
最近、DDoS攻撃を受け不安定な某掲示板にNL1 rooted romがアップされていました。

AnTuTuベンチマーク
1501_sc03enl1_root61m.jpg
AnTuTu (5.6) : 28048
NK2と大きな差はないようです。



1501_sc03enl1_root62m.jpg  1501_sc03enl1_root63m.jpg  1501_sc03enl1_root64m.jpg


MVNO データ通信SIM使用において、
Android 4.3 NL1でも従来の4.3同様にMVNO SIMを使用した場合サービスが認識できない。
1501_sc03enl1_root71m.jpg  1501_sc03enl1_root72m.jpg  1501_sc03enl1_root73m.jpg
ロック画面や通知バーを下スワイプした場合、従来の4.3同様に「NTT DOCOMO」とは
表示されず「サービスが利用できません」と表示されます。
設定の端末情報でもサービスの状態は、「使用不可」と表示されます。
MVNOのデータ通信専用SIMでは仕様のようで、セルスタンバイ用のパッチを導入すると
「NTTDOCOMO」と表示されるようになります。

NL1のルート化が完了しました。
WiFiテザリングについては、framework-res.apk の編集で安定稼働していそうです。

関連記事

別窓 | Galaxy S3a SC-03E | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<名の知れたブランドのモバイルバッテリーの実力は? | ちょっと寄り道 AGAIN (仮) | IP電話のオモチャを入手しました。>>
この記事のコメント
[]
サムソンとミラー?の両方からストックROMをDLしてみたのですがsystem.imgやcache.imgなどが入っていません
SS_DL.dllというのとmd5ファイルが入っているだけです
system.imgなどは自分で製作するものなのでしょうか?
2015-02-06 Fri 21:42 | URL | 名無しさん #65GApNLQ[内容変更]
[re:]
>SS_DL.dllというのとmd5ファイルが入っているだけです
その「md5ファイル」がストックROMの本体です。
NL1ならば、「SC03EOMUBNL1_SC03EDCMBNL1_SC03EOMUBNL1_HOME.tar.md5」を
Ubuntu上で展開すれば、"system.img","cache.img"が入手出来ます。
Windows上でも、7-ZIP等のツールを使用すれば展開(解凍)出来ます。
2015-02-07 Sat 00:00 | URL | グロウ・フィールド #EBUSheBA[内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| ちょっと寄り道 AGAIN (仮) |