グロウ・フィールドのちょっと寄り道が、ここに帰ってきました。

url_kinsi_onegai03.jpg
GADMEI E6 姉妹機のファームウェアを試験導入 【その9】
2015-04-29 Wed 21:00
GADMEI E6 姉妹機のファームウェアを試験導入 【その9】

1302_gadmei_logo01.jpg

Senkatel SmartBook T6001 に特別仕様のファームウェアがある?
前回の記事で、Senkatel SmartBook T6001 という機種を紹介しました。
1504_e6fw09_01.jpg

そのフォーラムを覗くと特別に配布されているファームウェアが存在するらしい。
http://4pda.ru/forum/index.php?s=&showtopic=452115&view=findpost&p=25952091
Nomer: T6001_20131011_CIS_2.0.0
Download ---> Senkatel_Smartbook_T6001.zip
バッテリー消費が多いようなコメントも見受けられます。

試験導入なので早速入手しチェックしてみます。
入手した zip ファイルを解凍すると、sun5i_android_a13-evb.img が出てきます。

今回もファームウェアの更新ツールは「PhoenixCard」を使用しました。

アップデートインストール用MicroSDの作成。
更新用、MicroSDをPCにセットします。
PhoenixCard.exe を実行します。
1504_e6fw09_11m.jpg  1504_e6fw09_12m.jpg  1504_e6fw09_13m.jpg
① MicroSDをセットしたドライブ番号を選択します。
② Img File をクリックし更新するファームウェアファイルを選択します。
③ Burn をクリックします。
1504_e6fw09_14m.jpg  1504_e6fw09_15m.jpg  1504_e6fw09_16m.jpg
④ ドライブの確認メッセージが出ます。
⑤ ファームウェアインストールディスクの作成が開始されます。
⑥ Burn End.. と表示していれば終了。
⑦ Exit にて「PhoenixCard」を終了します。
以上でアップデートインストール用MicroSDの作成が終了しました。

アップデートの実行。
「GADMEI E6」の電源をOFFにします。
作成した、アップデートインストール用MicroSDを「GADMEI E6」にセットします。
「GADMEI E6」の電源をONにします。
1504_E6cfw08_03m.jpg  1504_E6cfw08_04m.jpg  1504_E6cfw08_05m.jpg
インストールが開始されます。
音を発しながら進捗バーが進んでいきます。
「CARD OK」と表示されれば終了。
「GADMEI E6」の電源をOFFにします。
MicroSDを取り出します。
「GADMEI E6」の電源をONにし起動します。

起動します。
1504_e6fw08_11m.jpg  1504_e6fw08_12m.jpg  1504_e6fw08_13m.jpg
ブートアニメーションはプリント基板をモチーフにしたようなデザインです。
ブートアニメーションの時間は少々長い気がしますが久しぶりなので何とも?
1504_e6fw08_14m.jpg
起動後、Serial Number の入力を求められます。
15桁の数字を入力します。
(前回の記事を参考にして下さい。)

セットアップウイザードが起動します。
1504_e6fw09_21m.jpg   1504_e6fw09_22m.jpg
言語選択は、英語、ロシア語ともうひとつ(ウクライナ語?)。
1504_e6fw09_23m.jpg   1504_e6fw09_24m.jpg
WiFiセットアップ画面
日時設定画面

ようやく起動しました。
1504_e6fw09_25m.jpg   1504_e6fw09_26m.jpg
ここまでの流れは、前回の「Senkatel SmartBook T6001」と同じです。

内容を確認してみましょう。

1504_e6fw09_31m.jpg   1504_e6fw09_32m.jpg
ホーム画面は、T6001 05/20版と同様プリント基盤をモチーフにした青い背景です。
多数のショートカットアイコンが並んでいます。
アプリ導入数は30個 (05/20版より5個多い)
Yandex 関連のアプリが追加されています。
Yandex はロシアで検索サービスのトップサイト。
そのYandexが展開する Android向けのアプリストアが Yandex.store らしいです。

1504_e6fw09_35m.jpg   1504_e6fw09_36m.jpg
言語設定を確認します。
セットアップ時に英語を指定したので英語です。
設定画面からは日本語が選択出来たので日本語に変更します。

1504_e6fw09_37m.jpg   1504_e6fw09_38m.jpg
ランチャー違いによる物と思いますが、一画面に表示されるアイコン数が多いですね。
ナビゲーションバーに何か見慣れないアイコンがあります。
1504_e6fw09_33m.jpg   1504_e6fw09_34m.jpg
電子書籍やアプリ等の販売サイトが起動表示しました。
この販売サイト専用のツール(アプリ)が導入されたファームウェアなのかな?
よくわからないサイトですので、これ以上の深入りはやめておきます。

1504_e6fw09_39m.jpg   1504_e6fw09_40m.jpg
Android標準キーボードは、英語、ロシア語、ウクライナ語に対応。
フォントは中華フォントですね。
内部ストレージ(userdata)は、約500MB。
内部ストレージでの初期状態でのアプリ使用量は、92.26MB

1504_e6fw09_41m.jpg   1504_e6fw09_42m.jpg
タブレット情報
モデル番号 : SmartBook_T6001
Androidバージョン : 4.0.4
ベースバンドバージョン : 1.5realse
カーネルバージョン : 3.0.8+
testbuilder@ssp #108
Mon Oct 14 11:28:09 EEST 2013
ビルド番号 : T6001_20131011_CIS_2.0.0

Antutu 5.7 : 5522

Antutu は完走出来ない事が多々あります。
動作は、T6001標準の0520版に比べもっさりです。
何らかのアプリの常駐が影響しているかもしれません。
私の端末はバッテリーがないのでバッテリー消費問題は検証出来ません。
動作のもっさり感を考えると常用は厳しそうです。
OEMで電子書籍販売サイト専用の端末としてリリースされた機器用のFWと推測されます。
GADMEI_E6のOEMが意外に多いです。
非力ですが、6インチというサイズが需要があるのでしょうかね。

カーネルバージョン
GADMEI E6 関連端末のカーネル更新状況。
カーネルバージョンビルド番号
  GADMEI E6 0830版2012/08/27 #5420120830
  iconBIT NETTAB POCKET 1126版2012/11/26 #78--------
  GADMEI E6 1203版2012/11/26 #7820121203
  ポケタブ6  2012年末販売版2012/11/26 #7820121207
  zhongxing_oem 1212版2012/11/26 #7820121212
  aigoPad M60 1207版2012/12/03 #7920120822
  zhongxing_user 1225版2012/12/20 #8020121219
  ポケタブ6 2013/03販売版2013/02/22 #8220130228
  zhongxing_jv 0325版2013/03/25 #9520130325
  Senkatel SmartBook T60012013/05/17 #10120130520
  inficon_jy_oem 0607版2013/06/06 #9820130606
  Senkatel SmartBook T6001 CIS_2.0.02013/08/14 #10820131011
  poketab6 2014/01/24版2013/08/02 #9620140107
  poketab6 2014/03/04版2013/08/02 #9620140227
  poketab6 2014/11/27版2013/08/19 #13820140212


別窓 | GADMEI_E6 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<2015年 4月度 記事閲覧 アクセスベスト10 | ちょっと寄り道 AGAIN (仮) | 藤の花の季節となりました。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| ちょっと寄り道 AGAIN (仮) |