グロウ・フィールドのちょっと寄り道が、ここに帰ってきました。

url_kinsi_onegai03.jpg
非ルートのSC-03EでMVNO使用環境でのテザリング
2015-05-10 Sun 20:00
非ルートのSC-03EでMVNO使用環境でのテザリング

1405_sc03_logo_01.jpg

ルート化せずにテザリングを行なう。
MVNOでのWiFiテザリングについてはルート化端末での手法を過去に記事にしていましたが、
「Galaxy S3a SC-03E Android 4.3での WiFiテザリング 」の記事が当ブログでアクセス数が
上位にランクインしている現状を踏まえ、非ルート端末でMVNO使用によるテザリングに
チャレンジしてみました。

尚、SC-03E Android 4.3 NL1 の環境で検証しました。
他のバージョンでは同様の結果が出るか不明です。

本題とは関係ありませんが現状ルート化で使用しているので一旦標準ROMに戻します。
1505_SC03E_nonroot_tether_11m.jpg   1505_SC03E_nonroot_tether_12m.jpg
① CWMでファクトリーリセットを行ない端末の初期化を実施。
1505_SC03E_nonroot_tether_21m.jpg  1505_SC03E_nonroot_tether_22m.jpg  1505_SC03E_nonroot_tether_23m.jpg
② SC-03E ををダウンロードモードで起動します。
 「ボリュームDOWN」+「HOME」+「電源」ボタンを長押しで起動
③ Odin3を起動します。
④ 端末をPCへ接続します。
⑤ Odin3にてNL1のストックを焼きます。
  PDA欄に"SC03EOMUBNL1_SC03EDCMBNL1_SC03EOMUBNL1_HOME.tar.md5"を
  指定しSTARTを実行。
⑥ 再起動後、PASS表示となりNL1の標準に戻りました。
1505_SC03E_nonroot_tether_24m.jpg


標準ROMに戻りましたので、テザリングの設定を行ないます。

USBデバッグを有効にします。
1505_SC03E_nonroot_tether_31m.jpg
標準では「開発者向けオプション」の項目がありません。

1505_SC03E_nonroot_tether_32m.jpg  1505_SC03E_nonroot_tether_33m.jpg  1505_SC03E_nonroot_tether_34m.jpg
「開発者向けオプション」の設定を表示させるため、
ビルド番号を7回タップします。
1505_SC03E_nonroot_tether_35m.jpg  1505_SC03E_nonroot_tether_36m.jpg  1505_SC03E_nonroot_tether_37m.jpg
「開発者向けオプション」のUSBデバッグを有効にします。

ADBコマンドで端末内のテザリングAPN設定を変更します。
Android 4.3 に対応した Android SDK の導入されている方は以下のファイルを
入手する事無くそのまま設定変更可能ですのでPCに接続します。

非ルート端末所有の方でAndroid SDK を導入している方は少ないと思いますので
以下のファイルを入手し、「adb_tool 」フォルダをPCの任意の場所に解凍してください。
1505_SC03E_nonroot_tether_71m.jpg

adb_tool.zip -----> http://www.mediafire.com/?rp0dj90xbtgmd4f

"E"ドライブのルートに"adb_tool"フォルダを作成した事として記事を進行します。

端末をPCに接続します。
1505_SC03E_nonroot_tether_41m.jpg  1505_SC03E_nonroot_tether_42m.jpg  1505_SC03E_nonroot_tether_43m.jpg
① コマンドプロンプトを起動しEドライブに移動します。
② 作成したフォルダの"adb_tool"フォルダに移動します。
③ 「 adb shell 」コマンドを実行します。
"$"マークが表示しコマンド入力待ちの状態になります。
④ settrings.db に使用しているプロバイダのAPN情報を書き込みます。
例1)OCNの場合
settings put global tether_dun_apn docomo_tethering,lte-d.ocn.ne.jp,,,mobileid@ocn,mobile,,,,,440,10,3,default,supl
例2)IIJmioの場合
settings put global tether_dun_apn docomo_tethering,iijmio.jp,,,mio@iij,iij,,,,,440,10,3,default,supl
1505_SC03E_nonroot_tether_44m.jpg  1505_SC03E_nonroot_tether_46m.jpg  1505_SC03E_nonroot_tether_48m.jpg
⑤ 書き換えた結果を確認します。
  「 settings get global tether_dun_apn 」を実行。
⑥ 表示された内容を確認します。 
  (間違えていた場合は、再度書き込みます。)
⑦ 「 exit 」コマンドを実行しadbモードから出ます。

APN情報の記載方法は、
「 settings put global tether_dun_apn docomo_tethering,①,,,②,③,,,,,440,10,④,default,supl 」
① 利用している MVNOのAPN
② ユーザーID
③ パスワード
④ 認証タイプ
を記述してください。

adb shell にて以下のメッセージが出る事があります。
error: device not found
USBデバッグが有効になっていませんので有効にして下さい。
もしくはUSBドライバを認識していません。
( adb_tool.zip にUSBドライバを同梱しているので試してみてください。)
error: device unauthorized. Please check the confirmation dialog on your device.
USBデバッグは有効になっているがデバッグ許可認証がされていない。

一旦、USBデバッグを無効にして再度有効にしデバッグ許可認証を行なってください。
1505_SC03E_nonroot_tether_72m.jpg

テザリングが出来るか確かめます。
1505_SC03E_nonroot_tether_51m.jpg  1505_SC03E_nonroot_tether_52m.jpg  1505_SC03E_nonroot_tether_53m.jpg
設定 --> ネットワーク --> テザリング
設定画面にてWiFiテザリングをONします。
1505_SC03E_nonroot_tether_54m.jpg  1505_SC03E_nonroot_tether_55m.jpg  1505_SC03E_nonroot_tether_56m.jpg
テザリングON後、データ通信ピクトは一旦消えます。
暫くしてアンテナピクトも一旦消えて駐禁マークなります。
その後、アンテナピクトとデータ通信ピクトが現れました。
ただ、データ通信ピクトは、「H」or「3G」の表示で「LTE」に中々なりません。
1505_SC03E_nonroot_tether_57m.jpg  1505_SC03E_nonroot_tether_58m.jpg  1505_SC03E_nonroot_tether_59m.jpg
一旦、モバイルデータをOFF/ONとした所、「LTE」のピクトが立ちました。

テザリングON後、暫くしてもデータ通信ピクトが立たない場合もありますが、
この場合でもモバイルデータのOFF/ONでデータ通信ピクトが立ちます。

一度、テザリングが出来るようになるとその後はスムーズにピクトが立ちます。
ただ、端末再起動等、電源を一旦OFFにするとピクトが立つまで時間が掛かります。

Nexus7 とテザリングを行なったところ、正常に動作しました。
1505_SC03E_nonroot_tether_61m.jpg   1505_SC03E_nonroot_tether_62m.jpg


某巨大掲示板に書き込まれていた情報ですが今回のテストで無事に立証出来ました。
MVNO-SIM使用でテザリングのみの為にルート化を行なう予定の方には朗報ですね。

今回の検証は十分な時間を掛けていないので、把握出来なかった部分があるかもしれません。
当然ですが、この記事の方法はルート化済の端末でもテザリング出来るようになります。

参考
1505_SC03E_nonroot_tether_81m.jpg  1505_SC03E_nonroot_tether_82m.jpg
APN情報を変更前に、現状の設定情報を取得。
「 settings get global tether_dun_apn 」
結果は、"NULL"でした。
settings.db に "tether_dun_apn"の項目は無かったです。

APN情報を変更前に戻す。
settings.db に "tether_dun_apn"の項目を削除する。
「 content delete --uri content://settings/global --where "name='tether_dun_apn'" 」
その後、「 settings get global tether_dun_apn 」を実行すると、"NULL"となりました。

別窓 | Galaxy S3a SC-03E | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<バラの季節が到来しました。 | ちょっと寄り道 AGAIN (仮) | Nexus7 (2012) に Lollipop を導入>>
この記事のコメント
[]
SC-03Eデザリング成功しました。
素人にも分かり易く説明していただき感謝です!
有難うございました。
2015-09-10 Thu 09:46 | URL | Galaxy #-[内容変更]
[Galaxyさん]
こんばんは、
当記事がお役に立てて良かったです。
MVNOのテザリングは挙動に癖がありますが慣れてしまえば
テザリングが可能になるメリットが勝るので妥協出来る範囲内ですね。
2015-09-10 Thu 21:37 | URL | グロウ・フィールド #EBUSheBA[内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| ちょっと寄り道 AGAIN (仮) |