グロウ・フィールドのちょっと寄り道が、ここに帰ってきました。

url_kinsi_onegai03.jpg
Nexus7 (2012) に Lollipop 5.1.1 を導入
2015-07-12 Sun 21:00
Nexus7 (2012) に Lollipop 5.1.1 を導入

nexus_logo01.jpg

システムアップデートの実施。
root化済 Nexus7 (2012) Android 5.1.0 (LMY47D) をAndorid 5.1.1 (LMY47V) に更新します。

Nexus7 (2012)は、Android 5.1.0 (LMY47D)をroot化して使用していますが、
Nexus7 (2012) WiFiモデルでは既に5.1.1がリリースされていました。
ネットでは非力なNexus7 (2012)でも、5.1.1版は動作もスムーズで比較的好評のようでした。
1507_n7_511_01m.jpg
5月下旬ごろに、Mobile版にも5.1.1がリリースされ
アップデート更新案内が来ていましたが暫くの間、
様子見でした。


Chuwi Vi8を入手しメイン端末を移行する事によりNexus7を弄る余裕が出てきましたので
今回、アップデートを行ないます。

root化の影響か?端末でのアップデートは、いままで成功した事がありません。
今回は手間を省くため、最初からイメージファイルを焼きます。

所有のNexus7 (2012) 32Tの環境は
・ Android 5.1.0 (LMY47D)
・ root化実施
・ TWRP導入

Nexus7 (2012) mobile Factory Image --> "nakasig" for Nexus 7 (Mobile)
1507_n7_511_02m.jpg
"Factory Image"は、"Andorid 5.1.1 (LMY47V)"まで公開されています。

Factory Image でのアップデートはデータが端末は初期化されますので
Titanium Backup を利用しバックアップを行ないました。

Factory Image を使用したシステムアップデート
作業するPCには、「Android SDK」はインストールされています。
1507_n7_511_11m.jpg
「Factory Images for Nexus Devices」 より入手した、
入手した"nakasig-lmy47v-factory-b2d44613.tgz"を
任意の場所に解凍します。

1507_n7_511_12m.jpg
Nexus7 をBootloaderモードで起動します。
(電源+ボリューム(-))

1507_n7_511_13m.jpg  1507_n7_511_14m.jpg  1507_n7_511_15m.jpg
Nexus7とPCをUSBケーブルで接続します。
解凍した"Factory Image"の"flash-all.bat"を実行します。
アップデートが開始されます。
1507_n7_511_16m.jpg  1507_n7_511_17m.jpg  1507_n7_511_18m.jpg
再起動後、倒れたドロイド君の状態になるので、「文鎮化か?」と焦りますね。
また、今回はブートアニメーションの時間も 7~8分と非常に長く不安でしたが、
無事に起動しましたので一安心です。
1507_n7_511_19m.jpg
タブレット情報を確認すると
Android 5.1.1
LMY47V
にアップデートされています。


USBデバッグモードの有効化。
1507_n7_511_21m.jpg

設定画面に「開発者向けオプション」が有りません。

「USBデバックモード」を有効にしたいので「開発者向けオプション」を表示させます。
1507_n7_511_22m.jpg  1507_n7_511_23m.jpg  1507_n7_511_24m.jpg
「ビルド番号」を7回タップしデベロッパーモードにします。
1507_n7_511_25m.jpg  1507_n7_511_26m.jpg
設定画面のシステムの項目に「開発者向けオプション」が現れました。
USBデバッグをONにします。

root化とTWRPの導入
Nexus Root Toolkit を今回も使用します。 --> http://www.wugfresh.com/nrt/
Bootloaderのアンロックは終了しているのでRoot化のみです。
リカバリーツールを導入する場合は、Custom Recovery にチェックを入れます。
1507_n7_511_31m.jpg  1507_n7_511_32m.jpg  1507_n7_511_33m.jpg
① Nexus Root Toolkit を起動します。
② Your model type が前回のままなので[Change..]をクリックし設定します。
③ Nexus7 (Mobile Tablet) Android 5.1.1 LMY47V へ変更。
1507_n7_511_34m.jpg  1507_n7_511_35m.jpg  1507_n7_511_36m.jpg
④ 確認メッセージが出ます。
⑤ 必要ファイルのダウンロードを行ないます。
⑥ Your model type が変わっている事を確認。
1507_n7_511_37m.jpg  1507_n7_511_38m.jpg  1507_n7_511_39m.jpg
⑦ Root を実行します。(TWRPを導入する場合は、Custom Recovery にチェック)
⑧ root化実行確認メッセージが出ます
⑨ rootが無事に完了したメッセージが出たら作業終了。
1507_n7_511_41m.jpg   1507_n7_511_42m.jpg
SuperSU、BusyBox、Quick Bootがインストールされていました。
リカバリーツールはTWRPが導入されています。
TWRPは、v2.8.6.0 からv2.8.7.0 にアップされていました。

システムアップデートとroot化が完了しました。

Antutu ベンチマーク
1507_n7_511_51m.jpg
AnTuTu Benchmark v5.7.1 : 19662

Android 5.1.0の時と差はありません。
最近の機種と比較すると低いですね。
仕方がありませんけど。


テザリングの有効化
標準では「無線とネットワーク」の項目にテザリングの設定は有りません。
1507_n7_511_61m.jpg

「無線とネットワーク」の「もっと見る」を開いても項目無し。

以下の掲示板にテザリングを導入するパッチが公開されています。
http://forum.xda-developers.com/showpost.php?p=61097123&postcount=29
ファイル名 : 5_1_1_wifi_tether.zip
早速導入してみます。
1507_n7_511_62m.jpg  1507_n7_511_63m.jpg  1507_n7_511_64m.jpg
TWRPを起動し、Install 画面から 5_1_1_wifi_tether.zip を指定し Flash 。

1507_n7_511_651m.jpg   1507_n7_511_661m.jpg
テザリングの項目が追加されました。

使用期間は少ないですが5.1.1 (LMY47V) は5.1(LMY47D)と使用感は大きな差は感じません。
WiFi版のネットでの評判のように体感できるレベルの改善は私には判りません。
Lollipopは、Nexus7 (2012)には若干重いと思いますが使用可能レベルですね。

別窓 | Nexus7 (2012) | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<桃が実りの季節を迎えました。 | ちょっと寄り道 AGAIN (仮) | Chuwi Vi8 のroot化>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| ちょっと寄り道 AGAIN (仮) |