グロウ・フィールドのちょっと寄り道が、ここに帰ってきました。

url_kinsi_onegai03.jpg
ThinkPad X200をWindows7へ移行
2015-07-21 Tue 21:00
ThinkPad X200をWindows7へ移行。

1507_x200_win7_logo01.jpg

Vistaのもっさりから脱却。

約2年半ぐらい前にヤフオクで入手した、Lenovo ThinkPad X200
入手当時は初のDual-Core CPUで感動の中使用していましたが、
最近はWindows Vistaの動作が非常に重くなりストレスを感じています。

主な使用用途は、ネット閲覧とDS及びAndroid関連の改造ツールの使用です。
色々とツールを導入した事により少ないハードディスクを圧迫し残り僅かとなってしまいました。
使用しないツール類も数多く存在してきているのでここで思い切ってハードディスクをスッキリさせWindows7の導入を決意しました。

調べてみるとWindows7への移行に伴う各種ドライバ等の入手やインストールについては
Lenovoから一括インストールソフトが提供されているので簡単に移行できそうです。

ThinkVantage システム アップデート
ThinkVantage System Update
http://support.lenovo.com/ja_JP/detail.page?LegacyDocID=TVSU-UPDATE
注: System Update が正常に動作するには、Microsoft .NET Framework 4.0以上が必要。

決意を新たに決行します。

移行前
1507_x200_win7_03m.jpg
1507_x200_win7_01m.jpg  1507_x200_win7_02m.jpg
Winsows Vista 環境で、使用量 117GB 空き容量 8.7GB

X200はリカバリ領域(WindowsXP)が有りますが、もう必要ないのでCドライブに統合しました。

Windows7 インストール後、「ThinkVantage System Update」をインストール。
何度かの再起動の後、X200が最適化されると、インストール完了です。
Win7インストール直後は、デバイスマネージャーに不明なデバイスが2つ存在していましたが
「ThinkVantage System Update」導入後、不明なデバイスは無くなりました。

Windows Updateを何回か行なってようやく全てインストール完了。
Windows Updateを何度か繰り返す必要があるので、これが一番時間が掛かりますね。
現状、最低限必要なツール類を導入しWindows7への移行が無事に終了しました。

移行後
1507_x200_win7_13m.jpg
1507_x200_win7_11m.jpg  1507_x200_win7_12m.jpg
約23GBの使用量で空きが今のところ125GB確保できました。

ThinkPad X200 の登場は、2008年の夏で既に7年が経過しています。
正直、近年登場したモデルと比較するとWindows7でももっさりですが、Vistaよりは快適です。
しかし、用途は制限されるかもしれませんが、まだまだ十分使用可能なモデルです。
個人的にはベストサイズであり、私の使用用途では、まだまだ活躍してくれそうです。
1507_x200_win7_21m.jpg

別窓 | 個人的な覚書 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<Office365のインストールを行ないました。 | ちょっと寄り道 AGAIN (仮) | 桃が実りの季節を迎えました。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| ちょっと寄り道 AGAIN (仮) |