グロウ・フィールドのちょっと寄り道が、ここに帰ってきました。

url_kinsi_onegai03.jpg
激安USBハブを利用してみる。
2015-09-29 Tue 21:30
激安USBハブを利用してみる。

1509_usb_hub_logo01.jpg

結果的に無駄な投資となってしまうのか?
Chuwi Vi8のWindows10化に向けて、USBハブを物色していました。
(スクリーンショットを撮るためにキーボードを常時接続する必要が有るので。)
地元の電気屋での最安値が477円でしたが、その横でOTGケーブルが700円で
陳列されていました。
OTGケーブルは100円ショップでも販売していたので検索したところ出てきました。
セリアで2ポートのUSBハブが販売されておりネットでの評判も中々よろしい。

翌日、地元のセリアを訪れたらありました。
当然、100円です税別ですが。。。
価格破壊、凄い世の中になっていますね。

1509_usb_hub_01m.jpg   1509_usb_hub_02m.jpg
1509_usb_hub_03m.jpg   1509_usb_hub_04m.jpg


性能チェックを行ないました。

USBメモリを使用しての転送実験
今回のために以前購入して未開封だった物を使用します。
Lexar JUMPDRIVE S50
1509_usb_hub_11m.jpg   1509_usb_hub_12m.jpg

USBハブの有り/無しで転送速度を比較
1509_usb_hub_13m.jpg   1509_usb_hub_14m.jpg
DiskMark 3.0.3 使用において、USBハブ経由で測定すると測定開始直後にエラー発生。

1509_usb_hub_15m.jpg   1509_usb_hub_16m.jpg
DiskMark 5.0.2 使用において、USBハブ経由で測定すると、デバイス認識を繰り返す。
転送中のOFF/ONとなるためか、ディスクエラースキャンを求められる。

何度繰り返しても同様の結果。
新品卸ですがいきなりダメージを与えてしまったかもしれません。

MicroSD を使用し測定。
MicroSD アタリ/ハズレを痛感。」の記事で使用した MicroSD
SILICON POWER MicroSD 16GB Class10
1509_SP_microSD_11m.jpg   1509_SP_microSD_12m.jpg

USBハブの有り/無しで転送速度を比較
1509_usb_hub_21m.jpg   1509_usb_hub_22m.jpg
DiskMark 3.0.3 使用において、USBハブ経由で測定すると、
ランダムアクセス測定時に処理が停止状態(無反応)となり完走できない。
繰り返しても同様の結果

1509_usb_hub_23m.jpg   1509_usb_hub_24m.jpg
DiskMark 5.0.2 使用において、USBハブ経由でも測定は完走する。
USBハブ 有り/無しでの速度差は見られない。

USBハブ経由では電力供給が不安定で足りていないという事なのでしょうか?。

古い低速のUSBメモリや、MicroSD 2GBでは問題なくベンチマーク完走。
Transcend USBメモリ 1GB
1509_usb_hub_41m.jpg   1509_usb_hub_42m.jpg
USBハブ 有り/無しでの速度差は見られない。

SILICON POWER MicroSD 2GB
1509_usb_hub_31m.jpg   1509_usb_hub_32m.jpg
USBハブ 有り/無しでの速度差は見られない。

古くて転送速度の低い物は供給電流の不安定に寛大なのかな?

測定が出来な範囲内ではUSBハブによる転送速度の低下はなさそうです。

100均なので致し方ないかもしれませんが、ひと筋縄ではいきませんね。
キーボードとマウスは問題なく供用出来ます。

当たり外れがあるのかもしれませんが、少々残念な結果となってしまいました。
転送速度検証中は、エラー頻発でイライラの連続でした。
それでも、ネタになったので良しとしましょう。
せっかく購入したので、なんとか使える範囲で使用したいと思います。

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<2015年 9月度 記事閲覧 アクセスベスト10 | ちょっと寄り道 AGAIN (仮) | スーパームーン>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| ちょっと寄り道 AGAIN (仮) |