グロウ・フィールドのちょっと寄り道が、ここに帰ってきました。

url_kinsi_onegai03.jpg
冬支度をしたけれど。
2015-12-13 Sun 20:00
季節のお便り    2015年 第23弾
冬支度をしたけれど。

1512_studless_logo01.jpg

冬に向けて準備したが心も体も真っ白となり厳冬状態です。
昨シーズン、雪の上り坂でスリップし車が真横に向いてしまったことがありました。
今のスタッドレスはもう使用限界と感じたので今シーズンは入れ替えを予定していました。

毎年新製品に履き替えるわけでもないので製造年度バージョンにはこだわりません。
11月中旬ぐらいからネットショップやヤフオクを巡回し1~2年経過し価格の下落した
商品を狙っていましたが悩んでる内に在庫が無くなってしまったようで11月中旬後半には
手ごろな価格の国内メーカーの物は経年経過品在庫は見かけなくなってしまいました。
タイヤサイズがあまり適用車種のない物なので価格が高めなのが痛いです。

車自身が既に古いので2シーズンぐらい使えればいいかなと思いで外国ブランドの安価品を
見ていたら「ピレリ」の製品が目にとまりました。
1512_studless_21.jpg

昨シーズンに新たに日本市場に投入された製品という事もあり使用レビューは少ないですが
悪い話は見かけないですね。
前モデルの「アイスコントロール」はあまり評判が良くなかったようなので期待できるかな。
圧雪雪道やアイスバーンは滑る物だと思って運転しているので過度な期待は持ちません。
新品タイヤはそこそこの性能が出て普通に使用するにな問題ないのでは?と思っているので
2シーズン目以降のレビューが欲しいのですが今シーズンが2シーズン目なので無理ですね。
従来使用していたブリザック MZ-03よりは悪い事はないでしょう。
先日も新聞広告で「マッチ」が薦めていたので期待できる製品なのでしょう。
ポジティブに割り切って人柱になろうとこの製品を購入しました。

1512_studless_11m.jpg   1512_studless_12m.jpg
ピレリ アイスアシンメトリコ 165/55R14
製造国は中国です。
ピレリといえば数年前に中国のタイヤメーカーに買収されましたね。

1512_studless_13m.jpg   1512_studless_14m.jpg
最近のスタッドレスに多い「非対称パターン」です。
触った限りゴムの堅さはブリザックやアイスガードと比べるとハッキリと堅いです。

横から見ると溝がやけに浅いと思ったのですが実際に溝を広げると深く掘ってあり
通常をでの安定性の向上のためなのでしょうか?ブロックの端だけ切られていません。

1512_studless_15m.jpg   1512_studless_16m.jpg
製造のバリも少々目立ちますね。

冬に向けての準備が整う予定でしたが..........
しかし、タイヤが届く前日に..............
信号機の有る交差点で...
トラックが...
横から...
避ける事も出来ず...
1512_studless_31m.jpg   1512_studless_32m.jpg
1512_studless_33m.jpg   1512_studless_34m.jpg
相手の方は、日本語が殆ど出来ない。
先方が中々動かず肝心な事が進まず時間だけが過ぎていく。
1週間ちょっと前の出来事ですが、未だに最悪な状況が続いています。

こちらの保険屋さんの話では車が古く車の評価額より修理代が大幅に上回るので
全損扱い(経済的全損)になるでしょうとの事。
幸いこちらの保険会社の担当が良い方なのが心の救いです。
車が古いので時価額しか提示されないと思われ補償額では車両価格の10%程度か?

年の瀬に移動の足出る車を失うという最悪の事態.
事故後の対応、保険会社対応、事故車の片付け、廃車準備、新たな車の選定。ete
本来の自分のことが何も出来ない状況です。

さらに冬タイヤにあわせ夏タイヤも購入してしまいました。
少し古いですが、YOKOHAMA Earth-1
1512_studless_41m.jpg   1512_studless_42m.jpg
1512_studless_43m.jpg   1512_studless_44m.jpg

我が家には主を失ってしまったタイヤが8本行く場無く放置されています。

このような状況なのでしばらくの間、ブログの更新は出来ないと思います。

ではでは・・・取り急ぎこのような状況です。

別窓 | 続・季節のお便り | トラックバック:0 |
この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| ちょっと寄り道 AGAIN (仮) |