グロウ・フィールドのちょっと寄り道が、ここに帰ってきました。

url_kinsi_onegai03.jpg
3DS用 Homebrew launcher の導入。 (その2)
2016-02-10 Wed 21:30
3DS用 Homebrew launcher の導入。 (その2)

1602_homebrew_logo01.jpg

NINJHAX 2.x 編
1602_ninjax2_01m.jpg

NINJHAX については、過去に「3DS用 Homebrew launcher 登場」で取り上げていますが、
その時は簡単に取り上げただけで有り、現段階で NINJHAX 2.x がリリースされていますので、
この機会に再度、記事にしてみました。

browserhaxのリリースによりCubic NINJAを使用するNINJHAXの必要性は低下していますが、
Homebrew Launcherの源流なのでNINJHAXは大事にしたいと思います。

今回、使用する3DSは、本体Ver 10.3.0-28J です。
1602_homebrew_o3ds01m.jpg   1602_homebrew_o3ds02m.jpg

NINJHAX 2.x 対応デバイス
● 3DS OLD/NEW のFW9.0.0-7x~10.5.0-30x (2016/2/9現在)
● Cubic NINJA
● インターネットWiFi環境

NINJHAX 2.x の導入。
SDカードの準備
「homebrew starter kit」の入手
NINJHAX 2.x のサイトにアクセスします。
1602_ninjax2_02m.jpg

How do I run NINJHAX の項目
1602_ninjax2_03m.jpg
「homebrew starter kit」のリンクからstarter.zipを入手。
「The Homebrew Launcher menu executable」のリンクから最新版のboot.3dsxを入手。

本体内蔵用のSDカードを用意します。
1602_ninjax2_11m.jpg   1602_ninjax2_12.jpg
SDカードのルートにstarter.zipを解凍します。
([3ds]フォルダ、[Themes]フォルダ、及び boot.3dsx をSDカードのルートに配置)
SDカードのルートに最新版のboot.3dsxを上書きコピーします。

これで、SDカードの準備が出来ました。

SDカードを3DSにセットします。

NINJHAX2.xの起動。
NINJHAX 2.x のサイトにアクセスします。
1602_ninjax2_02m.jpg

Get NINJHAX の項目に移動します。
1602_ninjax2_15m.jpg   1602_ninjax2_16m.jpg
導入する3DSのバージョンを指定します。 (今回は、OLD 10.3.0-28J)
「Update QR code」をクリックします。
1602_ninjax2_17m.jpg
QRコードが表示されます。

3DSで、Cubic NINJAを起動します。
3DSのWi-Fi接続を有効にして、インターネットに接続している状態にしておきます。(重要)
1602_ninjax2_21m.jpg  1602_ninjax2_22m.jpg  1602_ninjax2_23m.jpg
「PRESS A」でAボタンを押す。
「QR Code」を選択。
1602_ninjax2_24m.jpg  1602_ninjax2_25m.jpg  1602_ninjax2_26m.jpg
「QR Codeの読取」を選択。
NINJAHAXのサイトで3DSバージョンを入力し表示させたQRコードを読み取る。
QRコードの読み込みに成功するとNINJHAXの初期動作が開始する。

上画面に、exploitをセーブデータにインストールするメッセージが出てきます。
1602_ninjax2_31m.jpg   1602_ninjax2_32m.jpg
セーブデータにexploitをインストールしますか?
インストールを行うとCubic NINJAのセーブデータが上書きされます。
ゲームが正常にプレイできなくなる場合があります。
exploitはアンインストールすることも可能です。
インストールすると以後のNINJAXの起動はQRコードを読み込みは不要となります。

1602_ninjax2_33m.jpg   1602_ninjax2_34m.jpg
インストールが完了すると、「installing... done」と表示されます。
exploit を起動しますか?
Aボタンを押して起動させます。

3DS Homebrew launcherが起動します
1602_ninjax2_41m.jpg
homebrew launcher のメニュー画面が表示されたら成功。

これで、3DSのhomebrew が利用可能な環境が手に入りました。

Cubic NINJAのセーブデータの保存の行なっていれば、インターネット環境は不要で、
次回からは「QR Code」を選択すると homebrew launcher を起動出来ます。

homebrew launcher から、3DS HOME画面に戻る。
homebrew launcher メニュー画面で STARTボタンを押す。
1602_ninjax2_61m.jpg   1602_ninjax2_62m.jpg
Reboot 画面になるので、Aボタンを押すとしばらくして3DS HOME画面に戻ります。


Cubic NINJA のセーブデータの初期化。
Cubic NINJAを起動しMENU画面を表示させます。
1602_ninjax2_63m.jpg   1602_ninjax2_64m.jpg
L+R+X+Y の同時長押しで削除メッセージが出ます。
メッセージに従いデータ消去を実行します。

今回は、個人的な覚え書きの意味合いで記事にしました。

関連記事

別窓 | 3DS | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<Nexus7 (2012) にカスタムROMを導入。 | ちょっと寄り道 AGAIN (仮) | 3DS用 Homebrew launcher の導入。>>
この記事のコメント
[11.1.0-34J]
NINJHAX 2.7 が、11.1.0-34 に対応しましたが、HBLが起動出来た方いますか?

15個のQRコードを読み込ませて起動しようとしても
「エラーが発生したため......」のメッセージが出て
文字列のexploitをインストール画面すら見ることが出来ません。
15個のQRコードを何度も再チャレンジしたのですが状況変わらず。
hardmodで吸い出した物にautofirmパッチを当てた11.1なのですが関係あるのかな?
2016-09-19 Mon 20:59 | URL | グロウ・フィールド #EBUSheBA[内容変更]
[出来ました。]
サイトの見た目がちょっと変わったのでQRコードの修正が入ったと思い、
QRコード15個読み込んだところ、無事にHBL起動しました。
starter kitの更新はなく、QRコードの修正だけです。
2016-09-20 Tue 20:21 | URL | グロウ・フィールド #EBUSheBA[内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| ちょっと寄り道 AGAIN (仮) |