グロウ・フィールドのちょっと寄り道が、ここに帰ってきました。

url_kinsi_onegai03.jpg
Nexus7 (2012) にカスタムROMを導入。
2016-02-14 Sun 20:30
Nexus7 (2012) にカスタムROMを導入。

1602_n7_cm11_logo01.jpg

Nexus7 (2012) で少々遊んでみましょう。
Chuwi Vi8 をメインで使用していますが、カスタマイズしていないので動作は安定しています。
そのような状況もあり、現在予備機となっているNexus7(2012)の出番が殆どありません。
Nexus7(2012)は、Android 4.4で休眠状態ですが、カスタムROMを試してみたいと思います。

NexusシリーズはカスタムROMの提供も豊富でどれが良いか判断が難しいですね。
これはもう、色々とチャレンジし検証して自分に合ったものを探すしかないでしょうね。

Nexus7 (2012)も機種的には古いので最新のAndroidバージョンについては選択肢が狭い。
また、当方所有の機種はSIMフリー版の32Tなのでさらに選択肢が少ないです。

今回は、Nexus7(2012)での初めてのカスタムROM導入なので、あまり冒険はせずに
私でも知っている「CyanogenMod」を選択します。
1602_n7_cm11_01.jpg
CyanogenMod 公式サイト ----> http://www.cyanogenmod.org/

CyanogenModで提供されているNexus7(2012)用は、今のところCM12までです。
Wi-Fi版を含め、残念ながらCM13はまだ提供されていません。
今まで、Android 4.4.4 (Kitkat)なので、カスタムROMについてものCM11を選択します。

必要なファイルを入手します。

入手したファイルをNexus7(2012)へコピーします。
当方の端末はRoot化とCustom Recovery(TWRP)が導入済です。

導入の過程でユーザーデータを削除してからカスタムROMを導入します。
重要なデータはバックアップを取っておきましょう。

Nexus7 (2012)へ導入します。
TWRPを起動します。
1602_n7_cm11_11m.jpg   1602_n7_cm11_12m.jpg
Wipeの項目に入ります。
Factory Resetを行ないます。
Swipe to Factory Reset をスワイプし実行します。
1602_n7_cm11_13m.jpg   1602_n7_cm11_14m.jpg
Successful と表示されたら終了。
Back にて戻ります。

Advanced Wipe の項目に入ります。
1602_n7_cm11_15m.jpg   1602_n7_cm11_16m.jpg
Dalvik Cache , system , cache にチェックを入れます。
Swipe to Wipe をスワイプし実行します。
1602_n7_cm11_17m.jpg   1602_n7_cm11_18m.jpg
Successful と表示されたら終了。
Back にて戻ります。

カスタムROMのインストールを行ないます。
TWRPホームに戻りInstallの項目に入ります。
1602_n7_cm11_21m.jpg   1602_n7_cm11_22m.jpg
ファイル選択の画面が表示されるのでインストールを行なうカスタムROMを選択します。
1602_n7_cm11_24m.jpg   1602_n7_cm11_25m.jpg
Swipe to Comfirm Flash をスワイプしインストールを実行します。
1602_n7_cm11_26m.jpg   1602_n7_cm11_27m.jpg
Successful と表示されたら終了。

ファイル選択の画面からインストールを行なうGappファイルを選択します。
1602_n7_cm11_28m.jpg   1602_n7_cm11_29m.jpg
Swipe to Comfirm Flash をスワイプしインストールを実行します。
1602_n7_cm11_30m.jpg   1602_n7_cm11_31m.jpg
Successful と表示されたら終了。

Reboot System を実行します。
1602_n7_cm11_41m.jpg   1602_n7_cm11_42m.jpg
ブートアニメーションが始まり起動します。
1602_n7_cm11_43m.jpg   1602_n7_cm11_44m.jpg
言語選択画面が表示され、一安心。
日本語を選択し、Googleの設定を行ないます。

1602_n7_cm11_45m.jpg
設定の途中で標準とは異なり
cyanogenModアカウントのセットアップ
という項目がが有りました。
私はスキップしてしまいました。


1602_n7_cm11_51m.jpg   1602_n7_cm11_511m.jpg
無事にAndroid OSが起動すれば成功かな?


CyanogenMod 11 をチェックします。
1602_n7_cm11_52m.jpg   1602_n7_cm11_53m.jpg
CyanogenMod 標準のランチャーでしょうか?
ホーム画面はシンプルです。
今回のGappsを使用で、初期導入アプリは33個
1602_n7_cm11_55m.jpg   1602_n7_cm11_56m.jpg
フォントは綺麗で中華フォントではありません。
日本語キーボードは当然でしょうが入っていませんね。

タブレット情報の抜粋
モデル番号 : Nexus 7
CyanogenModバージョン : 11-20140916-SNAPSHOT-M10-tilapia
Androidバージョン : 4.4.4
ベースバンドバージョン : 1231_0.18.0_0409
カーネルバージョン : 3.1.10-gae44e9b
build03@cyanogenmod #1
Tue Sep 16 11:31:38 PDT 2014
ビルド番号 : cm_tilapia-userdebug 4.4.4 KTU84Q dff6242f2e test-keys


AnTuTuベンチマーク
1602_n7_cm11_61m.jpg   1602_n7_cm11_62m.jpg
AnTuTu 6、初めて見た。
従来とまたビジュアル含め多くな変わってしまっていますね。
過去の値との比較が出来ません。
AnTuTu 6.0.1 : 18041

とりあえず、無事にカスタムROMの初導入が終了しました。
CM11をまだインストールしただけで殆ど使用していない状況での記事作成です。
動作自体は、標準カーネルのAndroid 4.4.4 と大きく変わらないような感じです。
今後、少しずつでも使用して記事にしていきたいと思います。

別窓 | Nexus7 (2012) | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<Nexus7 (2012) カスタムROMのチェック。 | ちょっと寄り道 AGAIN (仮) | 3DS用 Homebrew launcher の導入。 (その2)>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| ちょっと寄り道 AGAIN (仮) |