グロウ・フィールドのちょっと寄り道が、ここに帰ってきました。

url_kinsi_onegai03.jpg
Chuwi Vi8 のAndroidを更新。
2016-07-21 Thu 21:00
Chuwi Vi8 のAndroidを更新。

1506_chuwi_vi8_02_logo01.jpg

Androidを初めてのアップデート。
Chuwi Vi8 の最終版のROMはどこに?」の記事において、現在のVi8に搭載されている
Android よりも少し新しい物が見つかったので練習を兼ねてAndroid側の更新を行ないます。

当方所有のChuwi Vi8は、Android側のビルド番号は[I86_I861B1C.20150424.174509]
1607_vi8up01_11m.jpg

今回書き込むROMは、以下のファイルを入手してみました。
http://pan.baidu.com/s/1i3XNMst
AndroidのROM容量は、約410MB
VI8超?版安卓.rar
ファイルを展開すると、フォルダ名が、I861B3L2CA51_1508274_32_20150907 と
なっており、20150907版と推測されます。

必要な物
IntelAndroidDrvSetup1.5.0
iSocUSB-Driver-Setup-1.2.0
ManufacturingFlashTool_Setup_6.0.43
上記をまとめた物 ---> android programming tools.rar

各ツールのインストール
iSocUSB-Driver のインストール
1607_vi8up01_21m.jpg  1607_vi8up01_22m.jpg  1607_vi8up01_23m.jpg
iSocUSB-Driver-Setup-1.2.0.exe を実行。
メッセージに従いインストールします。

Intel Android Device USB driver のインストール
1607_vi8up01_24m.jpg  1607_vi8up01_25m.jpg  1607_vi8up01_26m.jpg
IntelAndroidDrvSetup1.5.0.exeを実行。
メッセージに従いインストールします。

ManufacturingFlashToolのインストール
1607_vi8up01_27m.jpg  1607_vi8up01_28m.jpg  1607_vi8up01_29m.jpg
ManufacturingFlashTool_Setup_6.0.43を実行。
メッセージに従いインストールします。

ManufacturingFlashToolのセットアップ
1607_vi8up01_31m.jpg
File → Setting
General properties
SOC devices VID : 8087  PID : 0A65
Android devices  VID : 8087  PID : 09EF

1607_vi8up01_32m.jpg   1607_vi8up01_33m.jpg
ファームウェア同梱のCUSTOM_CONFIG.INI を ManufacturingFlashTool の
インストールフォルダ内にコピーする。

ファームウェアの更新
ManufacturingFlashTool を起動。
File → Open を選択しファームウェア同梱の更新用スプリクトファイルを選択。
1607_vi8up01_41m.jpg   1607_vi8up01_42m.jpg
今回は、Windowsには手を付けないので、FLASH_KeepWinPartitions.xml を読み込む。
Ready to flash! と表示され、書込み準備OK!

Vi8をDnXモードを起動する
1607_vi8up01_43m.jpg   1607_vi8up01_44m.jpg
Vi8のボリューム+とボリューム- 及び、電源ボタンの3つを長押ししてDnXモードを起動する
PCとUSBケーブルで接続する。自動的にファームウェアの更新がスタートする。
1607_vi8up01_45m.jpg   1607_vi8up01_46m.jpg
100%になれば完了。
1607_vi8up01_47m.jpg   1607_vi8up01_48m.jpg
Vi8はドロイドメニューのまま放置される。
rebootを選択して起動する。
1607_vi8up01_49m.jpg   1607_vi8up01_50m.jpg
無事にAndroid起動。
しかし、初期設定からになってしまった。
従来の環境維持での更新ではありませんでした。

新しいAndroid 環境が起動しました。
1607_vi8up01_51m.jpg   1607_vi8up01_52m.jpg
アプリ登録数:29個
Android側のビルド番号は[I86_I861B3L2CA51.2015097.120451_1508274]

ここまで色々と試行錯誤を繰り返しましたが、無事にファームウェアの更新に成功。
Windowsも無事に起動できました。

本当は、MOMO8WのAndroid5.1を導入するつもり色々と情報収集を行なっていたのですが、
Android 4.4 版とファイル構成が若干異なりFlash Toolも違うようで導入方法でWindowsに
影響がない手法を中々見つけることが出来ず今回は準備不足で延期することとしました。
DualOSのファームウェアの書込みに成功したので、次のステップの情報収集をゆっくり再開。

別窓 | Chuwi Vi8 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<SC-03E がついに・・・・・ | ちょっと寄り道 AGAIN (仮) | Dual-Coreシリーズの古いカードをアップデート。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| ちょっと寄り道 AGAIN (仮) |