グロウ・フィールドのちょっと寄り道が、ここに帰ってきました。

url_kinsi_onegai03.jpg
3DS Xボタン、十字キー↓ボタンの修理。
2016-09-06 Tue 20:40
3DS Xボタン、十字キー↓ボタンの修理。

1511_junk3ds_logo02.jpg

反応が悪くなってきました。
JUNK 3DSも実験機として活躍していますが、どうやらXボタンの反応が悪いようです。
ゲームをやらないので気がつきませんでしたが、Homebrew Launcher から
HOMEメニューに戻る際、リブートを行なわないで戻る場合、Xボタンを使用
するのですがその時に不調なことに気がつきました。
1608_3dsbotansyuuri_41.jpg

また、十字キー↓ボタンは、以前から反応が若干悪く強く押したり、
押す位置をずらすことで回避していました。
今回、少々気になってきたので修理を行なうことにしました。

3DSを再び分解します。
分解作業については、過去記事「3DSの分解に挑戦。」を参考にして下さい。
1608_3dsbotansyuuri_01m.jpg   1608_3dsbotansyuuri_02m.jpg
hardmod機の中をAGEIN(仮)では初公開です。 (余談ですが、CTR-CPU-20基盤です。)
JUNK品ですが、基盤の程度はあまり良くなくボタン部分の消耗も激しいです。


ますは、Xボタン側の修理を行ないます。
ダイヤフラムスイッチシールのXボタン部分を剥がします。
1608_3dsbotansyuuri_21m.jpg   1608_3dsbotansyuuri_22m.jpg
ダイヤフラムスイッチの接点部分の一部に汚れ(焦げ跡)が有ります。
1608_3dsbotansyuuri_23m.jpg   1608_3dsbotansyuuri_24m.jpg
キッチン用クリーナーとアルコールで洗浄。
完全に除去することは出来ませんでしたが、そこそこ綺麗になりました。
十分乾燥を行ないダイヤフラムシールを戻します。


次に十字キー↓ボタン側の修理を行ないます。
ダイヤフラムスイッチシールの↓ボタン部分を剥がします。
1608_3dsbotansyuuri_25m.jpg   1608_3dsbotansyuuri_26m.jpg
こちらにもダイヤフラムスイッチの接点部分の一部に汚れ(焦げ跡)が有ります。
1608_3dsbotansyuuri_27m.jpg   1608_3dsbotansyuuri_28m.jpg
キッチン用クリーナーとアルコールで洗浄。
完全に除去することは出来ませんでしたが、そこそこ綺麗になりました。
十分乾燥を行ないダイヤフラムシールを戻します。

基盤の電極部分にホールがある辺りがどうも焦げやすいのかな???


組み立てを行ない動作検証。

1608_3dsbotansyuuri_31m.jpg   1608_3dsbotansyuuri_32m.jpg
1608_3dsbotansyuuri_33m.jpg   1608_3dsbotansyuuri_34m.jpg
Xボタン、十字キー↓ボタン共に軽快に反応してくれます。

この実験機は、色々と小さな障害が出てきておりますが、自己修繕を重ね安定してきています。

別窓 | 3DS | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<アンドロイドがやってきた。(パート11) | ちょっと寄り道 AGAIN (仮) | 2016年 8月度 記事閲覧 アクセスベスト10>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| ちょっと寄り道 AGAIN (仮) |