グロウ・フィールドのちょっと寄り道が、ここに帰ってきました。

url_kinsi_onegai03.jpg
国産名車コレクション 1/24スケール 第2号。
2016-09-20 Tue 20:30
国産名車コレクション 1/24スケール 第2号。

1608_toyota2000gt_logo1.jpg

第2号はハコスカGT-R
アシェットの「国産名車コレクションスペシャルスケール 1/24」シリーズ。

1609_skyline2000gtr_01.jpg

アシェット・コレクションズ・ジャパン
公式サイト ----> http://www.hachette-collections.jp/
国産名車コレクション 1/24 公式サイト ----> http://www.jpc24.jp/home.html

第2号は「日産スカイライン 2000GT-R KPGC10」 です。
創刊号 「TOYOTA 2000GT MF10」の記事は -----> こちら

1609_skyline2000gtr_02m.jpg   1609_skyline2000gtr_03m.jpg
左:全国発売品
右:先行地域限定発売品
第2号特別価格 2999円(税込み)
先行販売時は3999円(税込み)の通常価格でしたので大きくプライスダウン。

今後の予定
国産名車コレクション 1/24スケール (全て税込み)
創刊号 : 1299円
第2号 : 2999円
第3号以降 : 3999円
全60号予定 (9/17現在、公式サイトに30号までの付録予定が掲載されています。)

創刊号は存在に気がつくのが遅く入手に困難だったので、第2号は Amazon に予約。
しかし、過去にAmazonに予約したが発売日前日に商品が確保できずキャンセルされた
経験があったので発送されるまで安心出来ませんでした。
発売前日の午後に発送連絡メールが来て一安心。

では実際にチェックしてみます。

1609_skyline2000gtr_11m.jpg   1609_skyline2000gtr_12m.jpg
1609_skyline2000gtr_13m.jpg   1609_skyline2000gtr_14m.jpg
冊子部分は、目次でもわかるとおりスカイライン2000GT-Rの特集は少ないです。
国産車の歴史みたいな感じの構成が続くようです。

お目当ての付録のダイキャスト製ミニカーを取り出します。

1609_skyline2000gtr_21m.jpg   1609_skyline2000gtr_22m.jpg
ブリスターパックのケースに入っています。
アクリルケースを採用できないのは、コストの関係でしょうね。

では、実際にご対面です。

1609_skyline2000gtr_25m.jpg   1609_skyline2000gtr_26m.jpg
ケース開封前に気がつきましたが、右リアフェンダーに薄い汚れあり。
リアのオーバーフェンダーがなんと塗装。。それもちょっと雑。。
気を取り直して、ドアの固定バンドを取り除きます
1609_skyline2000gtr_31m.jpg   1609_skyline2000gtr_32m.jpg
1609_skyline2000gtr_33m.jpg   1609_skyline2000gtr_34m.jpg
1609_skyline2000gtr_35m.jpg   1609_skyline2000gtr_36m.jpg
1609_skyline2000gtr_37m.jpg   1609_skyline2000gtr_38m.jpg

開閉機能を利用してみます。

1609_skyline2000gtr_41m.jpg   1609_skyline2000gtr_42m.jpg
ドアの部分の精度が良く隙間が無いので開けるのに苦労。
開閉角度が狭くあまり開放できません。写真の角度がMAXです。
開閉は固いです。
1609_skyline2000gtr_43m.jpg   1609_skyline2000gtr_44m.jpg
インテリアの再現はトヨタ2000GT同様にがんばっています。
1609_skyline2000gtr_45m.jpg   1609_skyline2000gtr_46m.jpg

GT-Rのエンブレム

1609_skyline2000gtr_52m.jpg   1609_skyline2000gtr_51m.jpg
小さなパーツですが、しっかりロゴがアピールしています。

重量

1609_skyline2000gtr_61m.jpg
台座を含んだ重量は、
458gとズッシリ感があります。

トヨタ2000GTよりも 100gも重いです。
スケールの関係で若干大きい面もありますが、
価格差による材料使用量の違いでしょうか?


テールランプが枠が出っぱりすぎと思えるのとライト等のクリアパーツの組み込み用の
軸穴が目立つのが気になる点であるが、ホイールを純正では無く往年の8本スポーク
タイプに変更しているのは個人的には○

製造品質の粗さやバラツキは気になりだしたらキリがありませんね。
オーバーフェンダーのようなコスト削減については1/24というスケール感を大事にして
削減場所を吟味してもらいたいです。

日本ではダイキャスト製のミニカーの主流は1/43スケールでその上は1/18スケールが
これまでの慣例で1/24スケールはプラモデルの市場と感じていたのですが、同時期に
創刊されたデアゴスティーニの「レ・グランディ・フェラーリ・コレクション 」シリーズも
1/24スケールなので、これを契機に1/24スケールのダイキャスト製ミニカー市場が
活気づくかもしれません。

1/24スケールならやはりエンジンルームは開閉にして再現して欲しいが、コスト問題が。。
「レ・グランディ・フェラーリ・コレクション 」はブラゴ製ですが、コストの問題で殆どの車種で
エンジンルームが開閉しない仕様に変更されているそうです。
ブラゴ製の1/24フェラーリミニカーは実勢価格が3000-5000円なのでミニカー単体の場合、
場合によっては本家の方が安く入手出来ます。
F40はあまり好きでないのでスルーしましたが、ラ・フェラーリはどうしようかな?と考えた時に
本家ブラゴの1/24がamazonで3000円以下で売っていた現実を見てやめました。
ただ、フェラーリといえば私的には512BBなので、はやる気持ちを抑えられるかどうか?

関連記事


補足事項
今後の発売予定日
以下のショップのサイトに掲載されています。
http://www.bmshop.jp/cgi-bin/bms/list.cgi?ctg_id=kokusanmc
なお、このショップは送料が掛かりますので予約購入は他で。

今後のミニカー付録予定
アシェット・コレクションズ・ジャパン
「国産名車シリーズ」サイト
http://www.jpc24.jp/faq.html
「よくある質問」 ---> 「今後のラインアップについて」


2016/10/6 追記
アシェット・コレクションズ・ジャパン 公式ツイッター
国産名車コレクション スペシャルスケール 1/24
創刊号、2号、3号の重版が決定したそうです。
特に創刊号は金型加工の必要があるため、付録の製作に時間が掛かる。
10/11発売の第4号に詳細を記載した「お客様へのお手紙」が入るそうです。
第4号は要らないけど、創刊号や第2号を注文したい人向けにも対応を検討中との事。

2016/10/11 追記
アシェット・コレクションズ・ジャパン 公式ツイッター
国産名車コレクション 1/24 創刊号、2号、3号の申し込み方法を発表。
申込期限は、2016/10/30までに所定の申込用紙に必要事項を記載し書店に提出。
申込者限定の受注生産のようです。

転売屋からは購入せずに待ちましょう。

別窓 | 個人的な覚書 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<3DS Downgrade 11.1 to 9.2 | ちょっと寄り道 AGAIN (仮) | 国産名車コレクション 1/24スケール 発売。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| ちょっと寄り道 AGAIN (仮) |