グロウ・フィールドのちょっと寄り道が、ここに帰ってきました。

url_kinsi_onegai03.jpg
Xperia Z1 及び、Z1f のバッテリー性能チェック。
2016-10-15 Sat 19:30
Xperia Z1及び、Z1f のバッテリー性能チェック。

1608_xperiaz1_logo.jpg

中古購入での最大の心配点。
中古のスマホ購入に対して、一番不安になるのがバッテリーの劣化だと思います。
これは見えないので前所有者の感覚での感想を信じるしかないですよね。

私自身も外観のキズ以上に気にしている項目です。
Xperiaの場合、設定に「バッテリー性能チェック」の項目があるので、入手後の最初の
作業がその項目のチェックです。

今回、2台のXperiaを入手しましたがソフトでのチェック以外に積算電流計を使用し
詳しい状況のチェックを実施しました。

おさらいとして、バッテリー容量のメーカー公称値は、
Xperia Z1  (SO-01F) : 3000mAh
Xperia Z1f (SO-02F) : 2300mAh
となっています。

USB電源チェッカー [KCX-017] の積算電流値の機能を利用しチェックしました。
ほぼバッテリー残量空の状態から充電を開始し、充電終了時の積算電流値を確認。

Xperia Z1 (SO-01F)
1610_xperia_battery11mm.jpg   1610_xperia_battery13mm.jpg
チェッカーを途中にかませることで急速充電機能が働かないようで時間が掛かる。

1610_xperia_battery14m.jpg
積算電流値は、2643mAhで停止
公称スペック 3000mAhに対して、12%程度低い値です。

設定 --> 端末情報 --> 機器の状態 --> 電池性能表示
1610_xperia_battery21m.jpg   1610_xperia_battery22m.jpg
内蔵電池の充電能力は良好です。
(50%~80%未満)
と表示されている。
中古入手時にチェックした時は、「80%以上」でしたが、
1ヶ月程度の使用を重ね低下が始まったようです。

Xperia Z1f (SO-02F)
1610_xperia_battery31mm.jpg   1610_xperia_battery33mm.jpg
チェッカーを途中にかませることで急速充電機能が働かないようで時間が掛かる。

1610_xperia_battery34m.jpg
公称スペック 2300mAh に対して、積算電流値は 2257mAhで充電停止。
ほぼ、スペック通りの数値が出て一安心。

設定 --> 端末情報 --> 機器の状態 --> 電池性能表示
1610_xperia_battery41m.jpg   1610_xperia_battery42m.jpg
内蔵電池の充電能力は良好です。
(80%以上)
こちらは、まだ改造途中で本格運用しておらずアプリも標準状態のままです。

SO-01Fは、少々不安な結果が出てしまいました。
劣化は始まったら一気に進行しますよね。
大事に使用したいと思います。
(といっても、使用状況は変えられないというジレンマ)

過去に取り上げた中華モバイルバッテリー
モバイルバッテリーの本当の実力をチェック。」でピックアップ。
1年を経過し、スマホに充電される量が顕著に減ってきました。
今回の作業に合わせてチェック実施。
1610_xperia_battery61m.jpg   1610_xperia_battery62m.jpg

1610_xperia_battery63m.jpg
製品公称容量 : 2600mAH
1年前の積算電流値 : 900mAh
今回実施の積算電流値 : 587mAh
3割以上低下しています。

別窓 | Xperia Z1 / Z1f | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<SIMカッターを入手。 | ちょっと寄り道 AGAIN (仮) | Chuwi Vi8 が、マルウエアに浸食されている。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| ちょっと寄り道 AGAIN (仮) |