グロウ・フィールドのちょっと寄り道が、ここに帰ってきました。

url_kinsi_onegai03.jpg
A9LH 導入への道 2016/12/01版 (その3)
2016-12-17 Sat 00:00
A9LH 導入への道 2016/12/01版 (その3)

1611_a9lh_logo01.jpg

arm9loaderhax のインストール編
A9LH (arm9loaderhax)
別の端末で作成したファイルを使用した場合は、壊れるので絶対に行なわないこと。
A9LHを導入した後は、アンインストール出来ません。
バックアップを行なった、NANDに戻すことは出来ます。

注意事項
電源ON起動後、画面が真っ黒なった場合は、SDカードを取り外してから電源ONし
ホームメニューが表示されたらSDカード挿入して下さい。
Ver2.1の状態では再起動の度にこの症状となる場合があります。

New 3DSをVer.2.1.0の状態でスリープモードにすると、文鎮化し修復不可能になるそうです。
電源が入った状態で画面を閉じた場合に起こる症状。
電源がOFFの場合は問題は発生しない。
文鎮を防ぐため、「その3」を終了まで蓋を閉じず速やかに作業を終了させて下さい。

参考サイト

必要ファイルの入手
以下のリンクから必要なファイルを入手します。
一部のリンクはtorrentファイルなので専用のダウンローダーが必要です。

aeskeydb.bin
data_input_v3.zip
fbi-2.4.2-injectable.zip
SafeA9LHInstaller
161201時点では、OLD/NEW 共に旧バージョンの使用を指示しています。
https://github.com/AuroraWright/SafeA9LHInstaller/releases/tag/v2.0.3
arm9loaderhax
Luma3DS
hblauncher_loader
Hourglass9
Luma3DS Updater
DspDump
FBI
The Homebrew Starter Kit

リンク切れの場合は、上記「installing-arm9loaderhax」のページから入手して下さい。

ファイル更新により記事の構成方法と異なり正常動作しないことも考えられますので
この記事作成時点でのファイルのセットを置いておきます。

SDカードの準備。
・SDカードに/files9/フォルダが存在する場合はPCなどの安全な場所にコピー
・SDカードのrootにciasフォルダを作成
・SDカードのrootにa9lhフォルダが存在する場合は削除
・同じく3dsフォルダが存在する場合は削除
・ starter.zipの中身をSDカードのrootにコピー
・SafeA9LHInstaller zipの中身をSDカードのrootにコピー
・data_input_v3.zipからa9lhフォルダをSDカードのrootにコピー
・arm9loaderhax (ファイル名:release.7z) の payload_stage1.bin と payload_stage2.bin の
 2つのファイルをSDカードのa9lhフォルダにコピー
・hblauncher_loader zipの hblauncher_loader.cia をSDカードの/cias/フォルダにコピー
・Luma3DS Updater zipの lumaupdater.cia を同じく/cias/フォルダにコピー
・FBI zipの FBI.cia も同様に/cias/フォルダにコピー
・Luma3DS zipの arm9loaderhax.bin をSDカードのrootにコピー
・SDカードのrootにlumaフォルダを作成
・作成したlumaフォルダの中にpayloadsフォルダを作成
・Hourglass9 zipの中の Hourglass9.bin を/luma/payloads/フォルダの中にコピーし、
 ファイル名を start_Hourglass9.binに変更
・aeskeydb.bin をSDカードの/files9/フォルダにコピー
・DspDump.3dsx をSDカードの/3ds/フォルダにコピー
・fbi-2.4.2-injectable.zipの中身をSDカードの/files9/フォルダにコピー

1611_a9lh03_11m.jpg

SDカード内に今回追加したフォルダ構成の詳細は以下の通りになります。
直にSDカード上でセットアップせずにPCの任意の場所にフォルダを作成しPC上で
一旦構築しSDカードにコピーした方が運用が楽かも?
その作成したフォルダ構成は他の3DSにA9LHセットアップ時に使用出来る。
[リムーバブル ディスク (J:)]
├[cias]
│├hblauncher_loader.cia
│├lumaupdater.cia
│└FBI.cia
├[3ds]
│├[CHMM2]
│├[ctr-httpwn]
│├[ftpd]
│├[hans]
│├[install]
│├[menuhax_manager]
│├[mgba]
│├[prboom]
│├[qtm]
│├[scrtool]
│├[SafeA9LHInstaller]
││├SafeA9LHInstaller.3dsx
││└SafeA9LHInstaller.smdh
│├eshop.smdh
│├eshop.xml
│├ironhax.smdh
│├ironhax.xml
│├sploit_installer_oot3dhax.smdh
│├sploit_installer_oot3dhax.xml
│├sploit_installer_stickerhax.smdh
│├sploit_installer_stickerhax.xml
│└DspDump.3dsx
├[Themes]
├[a9lh]
│├firm0.bin
│├firm0_100.bin
│├firm1.bin
│├secret_sector.bin
│├payload_stage1.bin
│└payload_stage2.bin
├[luma]
│└[payloads]
│ └start_Hourglass9.bin
├[files9]
│├aeskeydb.bin
│├FBI_v2.4.2_N3DS_EUR_injectable.app
│├FBI_v2.4.2_N3DS_JPN_v17_injectable.app
│├FBI_v2.4.2_N3DS_JPN_v2_injectable.app
│├FBI_v2.4.2_N3DS_KOR_injectable.app
│├FBI_v2.4.2_N3DS_USA_injectable.app
│├FBI_v2.4.2_O3DS_CHN_injectable.app
│├FBI_v2.4.2_O3DS_EUR_injectable.app
│├FBI_v2.4.2_O3DS_JPN_injectable.app
│├FBI_v2.4.2_O3DS_KOR_injectable.app
│├FBI_v2.4.2_O3DS_TWN_injectable.app
│└FBI_v2.4.2_O3DS_USA_injectable.app
├boot.3dsx
├arm11.bin
├arm9.bin
├arm9loaderhax.bin
└SafeA9LHInstaller.dat

SDカードを3DSに戻す

arm9loaderhax のインストール
2.1.0であることを確認
1611_a9lh03_21m.jpg   1611_a9lh03_22m.jpg

SafeA9LHInstaller の起動
1611_a9lh03_23m.jpg   1611_a9lh03_24m.jpg
3DSで http://dukesrg.github.io/2xrsa.html?arm11.bin にアクセス
v2.1には、QRコード読取り機能が無いのでブラウザに直接入力。

1611_a9lh03_25m.jpg  1611_a9lh03_26m.jpg  1611_a9lh03_27m.jpg
SafeA9LHInstaller が起動する。
SELECTボタンを押すとarm9loaderhaxがインストール開始。
Full install: success! と表示されインストール終了。
電源ボタンを長押しして電源を切る。
SDカードの中身をPC等にバックアップしておく。
特にO3DSの場合は、SDカードのa9lhフォルダからOTP.binは必ず保管しておく。
files9フォルダのNANDmini.bin、NANDmini.bin.shaも同様である。

Luma3DS の設定を行なう。
SELECTボタンを押しながら電源ボタンを押して3DSを起動する。
1612_a9lh1201_03_31m.jpg   1612_a9lh1201_03_32m.jpg
Luma3DS menuが起動する。
1612_a9lh1201_03_33m.jpg
ボタンを操作して下記のものにチェックを入れる。
"Autoboot SysNAND"
"Use SysNAND FIRM if booting with R (A9LH)"
"Show NAND or user string in System Settings"

New 3DSの場合は、、"New 3DS CPU" の
"Clock+L2"にもチェックを入れる

STARTボタンを押して設定を保存し再起動する

STARTボタンを押した後、エラー表示となることがあります。
An error has occurred:
Failed to mount CTRNAND.
Press any button to shutdown

このメッセージの場合は、そのまま次のステップ「本体システムの復元」へ進んで下さい。
復元方法は「Decrypt9WIPを用いてシステムの復元を行なう。」の使用が好ましい。
(復元後、本体バージョン表記が「Sys」なら大丈夫です)

本体システムの復元
ver2.1からの本体更新やカセットによるバージョンアップは失敗し最悪ブリックしますので
システムの復元で一旦2.1へのダウングレード前のバージョンに復元を行ないます。
9.0以上のNANDのバックアップを保持しているかどうかで作業方法が異なります。
「ver.2.1へのダウングレード時にバックアップしたNANDを所有している場合。」
「バックアップしたNANDを所有していない場合。」


ver.2.1へのダウングレード時にバックアップしたNANDを所有している場合。
バックアップした、NANDを使用し以前のバージョンを復元させる。
STARTボタンを押しながら電源を入れる。
1611_a9lh03_51m.jpg   1611_a9lh03_52m.jpg
Hourglass9が起動する。
1611_a9lh03_53m.jpg  1611_a9lh03_54m.jpg  1611_a9lh03_55m.jpg
[SysNAND Backup/Restore…] → [SysNAND Restore (keep a9lh)] 
十字キーで <左><上><右><上>と操作し、Aボタンを押す。
1611_a9lh03_56m.jpg  1611_a9lh03_57m.jpg  1611_a9lh03_58m.jpg
NANDmin.bin になっているのを確認したらAボタンで書き戻す。
SysNAND Restore (keep a9lh): succeeded! と表示され書込み終了。
無事に再起動が完了したら成功。
「本体システムの復元が完了」へ進みます。

下記のエラーメッセージでHourglass9での復元に失敗。
SysNAND Restore (keep a9lh): Failed!
たぶん、Hourglass9での復元は何らかの理由により不可。
(SDカードの空き容量が少ないとなりやすい???不明)
下記の「Decrypt9WIPを用いてシステムの復元を行なう。」の方法で復元して下さい。


----------------------------

Decrypt9WIPを用いてシステムの復元を行なう。
Decrypt9を起動出来るようにする。
Decrypt9WIPのzipファイルを解凍。
1611_a9lh03_111m.jpg   1611_a9lh03_112m.jpg
Decrypt9WIP.bin を/luma/payloads/にコピーしファイル名をx_Decrypt9WIP.binに変更
(これで、Xボタン+電源ONでDecrypt9が起動出来るようになる。)

Xボタンを押しながら電源ON。
Decrypt9が起動する。
1701_Decrypt_fukugen_12m.jpg  1701_Decrypt_fukugen_13m.jpg  1701_Decrypt_fukugen_14m.jpg
Decrypt9WIPのメインメニューから
[SysNAND Options] → [SysNAND Backup/Restore...] → [NAND Restore (keep a9lh)]
と進む。
1701_Decrypt_fukugen_15m.jpg  1701_Decrypt_fukugen_16m.jpg  1701_Decrypt_fukugen_17m.jpg
十字キーで <左><上><右><上>と操作し、Aボタンを押す。
NANDmin.bin になっているのを確認したらAボタンで書き戻す。
NAND Restore (keep a9lh): succeeded! と表示され書込み終了。
無事に再起動が完了したら成功。
「本体システムの復元が完了」へ進みます。

もし、「Failed! 」となった場合は、NANDmin.binでの復元することは断念し、
次の項目の「バックアップしたNANDを所有していない場合。」の方法で
本体システムの復元を行なって下さい。


------------------------------

バックアップしたNANDを所有していない場合。
NANDmini.binを所有していない場合は、9.2.0-ctrtransferで一旦 ver9.2へアップデートする。
参考サイト ---> https://plailect.github.io/Guide/9.2.0-ctrtransfer

9.2専用アップデートファイルの入手
以下のページから、使用の本体、リージョンに合ったものを入手します。
https://3ds.guide/9.2.0-ctrtransfer
trrentファイルのダウンロードツールが必要です。
今回入手した物は、Old3DS (JPN) ファイル名:9.2.0-20J_ctrtransfer_o3ds.zip です。

Decrypt9を起動出来るようにする。
Decrypt9WIPのzipファイルを解凍。
1611_a9lh03_111m.jpg   1611_a9lh03_112m.jpg
Decrypt9WIP.bin を/luma/payloads/にコピーしファイル名をx_Decrypt9WIP.binに変更
(これで、Xボタン+電源ONでDecrypt9が起動出来るようになる。)

SDカードに「 files9 」フォルダを作成。
1611_a9lh03_113m.jpg   1611_a9lh03_114m.jpg
入手した、ctrtransferを解凍し、*.bin , *.bin.sha をSDカードのfiles9フォルダ内にコピー。
SDカードを3DSへ戻す。

Xボタンを押しながら電源ON。
Decrypt9が起動する。
1611_a9lh03_121m.jpg   1611_a9lh03_122m.jpg
9.2へのアップデート。
1611_a9lh03_131m.jpg  1611_a9lh03_132m.jpg  1611_a9lh03_133m.jpg
Decrypt9WIPのメインメニューから
“SysNAND Options”→ ”CTRNAND Transfer”→“Auto CTRNAND Transfer” と進む。
1611_a9lh03_134m.jpg  1611_a9lh03_135m.jpg  1611_a9lh03_136m.jpg
十字キーで <左><上><右><上>と操作し、Aボタンを押す。
9.2用のctrtransferファイルが表示されていることを確認し、Aボタンを押す。
SysNANDのバックアップを作成するかの問い合わせがあるがバックアップは
作成しないのでBボタンを押しスキップする。
(現ファームウェアのバックアップが必要な場合は、Aボタンを押す。)
1611_a9lh03_137m.jpg  1611_a9lh03_138m.jpg  1611_a9lh03_141m.jpg
アップデートファイルの書込みが開始する。
(Aボタンを押した場合、ファイル名NANDmini.binでバックアップ後アップデートします。)
Auto CTRNAND Transfer: succeeded! と表示され終了。
STARTボタンを押し再起動させる。
無事に起動できれば成功。


9.2への更新が完了
1611_a9lh03_61m.jpg   1611_a9lh03_62m.jpg
本体バージョン表記が、Ver.9.2.0-20J から Sys 9.2.0-20J に変わっていました。
さらに、本体更新にて最新版にするかどうかはお任せします。

v2.1から最新への本体更新はほぼ失敗しそうな感じです。
v2.1へのダウングレードは、v4.1~9.2までの間で直接可能ですが、
本体更新の件とNANDのバックアップの確保を考えると一旦9.2へ更新後に
v2.1へダウングレードした方は作業がスムーズに進むと思います。

これで、arm9loaderhax + Luma3DS CFWの導入が終了しました。
次回は、CFWの環境設定に入ります。


関連記事

2017/01/16 エラー対処を追加しました。

別窓 | 3DS | コメント:18 | トラックバック:0 |
<<A9LH 導入への道 2016/12/01版 (その4) | ちょっと寄り道 AGAIN (仮) | A9LH 導入への道 2016/12/01版 (その2)>>
この記事のコメント
[こんばんは]
グロウ・フィールドさん、こんばんは。

A9LH 導入への道 2016/12/01版の記事ご苦労様です。
大変参考になります。
一つだけ…

files9フォルダの
├[3ds]
││└[FBI]
││ └FBI.3dsx
│├FBI.elf
│├FBI.3ds
│├FBI.cia
のファイルたちですがFBI zipファイル
の物を追加でよかったのでしょうか?

SDカードの準備。
の文面に沿って構成したところ
FBI達がどうも抜け落ちたみたいで…


2017-01-06 Fri 19:21 | URL | りん #r2W5us32[内容変更]
[りんさん]
こんばんは、
ご指摘ありがとうございます。

文面の方が正しく、私が作業中に間違えてすべて[files9]フォルダにもコピーしてしまったようです。
ツリー階層をそのままTXT出力したのを貼っているので階層表記は間違いです。
FBI.zipは、ciasフォルダにFBI.ciaのみコピーです。
修正しておきます。
2017-01-06 Fri 21:12 | URL | グロウ・フィールド #EBUSheBA[内容変更]
[先程は]
先程は返信ありがとうございます。
まず、その3までは導入完了しました。
その4はまだ導入していません。
SafeA9LHinstallerを起動し、success!と出たら
電源を切る、そしてPCでバックアップを取り、
selectを押しながら起動するとLuma3dsが起動する。
そして必要な物にチェックを入れてstartで保存すると、

An error has occurred:

Failed to mount CTRNAND.

Press any button to shutdown
と上のような文が出てきて手詰まり状態です…
起動するといつもこれが出て、Homeにも行けません。
必要なファイルは全て揃っています。
ちなみにNew3dsでやりました。
2017-01-15 Sun 15:52 | URL | Hblexcellent #-[内容変更]
[Hblexcellentさん]
>Failed to mount CTRNAND.
>Press any button to shutdown
この症状は、希に出るメッセージのようです。(New3DSでの報告が多い)

そのまま次のステップ「本体システムの復元」に進んで下さい。
復元後、バージョンの先頭が「Sys」表示なら大丈夫です。
「その4」に進んで下さい。
「Sys」表示でなく「Ver」表示の場合はコメント下さい。、

最終的に問題なく「その4」まで完走した場合もコメント下さい。
このメッセージを記事に追記したいと思います。
2017-01-15 Sun 16:34 | URL | グロウ・フィールド #EBUSheBA[内容変更]
2.1にDGするときのバックアップした
9.2のファイルでシステムの復元を行ったのですが、
変わらずそのメッセージが出ました。
その場合、Decrept9WIPを使いctrtransferファイルで
復元した方が良いのでしょうか?
2017-01-15 Sun 17:07 | URL | Hblexcellent #-[内容変更]
[追記]
後、復元するとき、SysNAND Restore (keep a9lh): succeeded!
と出れば良いようですが、自分の場合は
SysNAND Restore (keep a9lh): Failed!
と出ました。これは正常ではないですよね?
自分は改造には詳しく無いので良く分からないんです…
何度もすいませんがご返答の程宜しくお願いしますm(_ _)m
2017-01-15 Sun 17:18 | URL | Hblexcellent #-[内容変更]
>SysNAND Restore (keep a9lh): Failed!
復元に失敗していますね。
使用しているSDカードの容量はいくつでしょうか?
NANDサイズが大きいので4GB等の少ない容量だと余裕がなく復元時にエラーが出ます。
安全のため、一端SDカードの中身をすべてPCへバックアップしておいて下さい。

可能なら、16GB or 32GB容量のものに今のSDカードの中身をすべてコピーして使用して下さい。

Decrept9WIPを使いctrtransferファイルで復元を行なって下さい。
(方法は記事の通りで大丈夫です。)
2017-01-15 Sun 17:34 | URL | グロウ・フィールド #EBUSheBA[内容変更]
[4GBしか…]
今の所、4GBのしか無いんです…
なのでDecrypt9WIPでの復元に挑戦します。
出来たらコメントします。
もし出来ない場合はSDの容量が少ないのが原因なんでしょうか?
2017-01-15 Sun 17:45 | URL | Hblexcellent #-[内容変更]
[Re:4GBしか…]
>もし出来ない場合はSDの容量が少ないのが原因なんでしょうか?
私も別件での確認で実験機でリストア作業を何度か行なったのですが、
OLD3DSで4GB使用で、Hourglass9でNANDmini.binを使用し復元することは
出来ませんでした。
New3DSはNANDサイズが大きいのでさらに厳しいと推測されます。

実験機以外のA9LH導入は16GBを使用しエラー経験なかったので
実験機のNAND復元時に16GBに変更したところ完了しました。
SDカードの容量起因か100%判断することは出来ませんが影響はありそうです。

>Decrypt9WIPでの復元に挑戦します。
エラーが出るようでしたら、容量の大きなNANDmini.binを一端SDカードから
消して空き容量を確保し再チャレンジして下い。
2017-01-15 Sun 18:01 | URL | グロウ・フィールド #EBUSheBA[内容変更]
[無事成功しました!]
いまDecrypt9WIPでのctrtransferで
復元した所、エラーメッセージが出なくなり、無事、homeに行けました。
そしてSys 9.2.0-20Jになっていました!
ありがとうございます。
次はその4を導入すれば良いんですかね?
2017-01-15 Sun 18:10 | URL | Hblexcellent #-[内容変更]
[Re:無事成功しました!]
良かったです。
ホッとしました。

「その4」に進んで下さい。
「その4」が完走したら、本体更新で最新バージョンにアップして下さい。
たぶんもう大丈夫と思いますが、すべて成功したらコメント下さい。
2017-01-15 Sun 18:17 | URL | グロウ・フィールド #EBUSheBA[内容変更]
[今全て終了しました。]
今全過程を終了しました!
本当にありがとうございましたm(_ _)m
これからカスタムキーボードを導入したいと
思っているのですが…
でもNTRはインストール出来たので、
とりあえず私の目標は達成しました!
ありがとうございます。
2017-01-15 Sun 18:47 | URL | Hblexcellent #-[内容変更]
[Re:今全て終了しました。]
無事に全行程の完走おめでとうございます。
今後のためにも少し大きなSDカードを用意して下さい。

A9LH+Luma3DSの導入が終了しているので、今のSDカードの下記のフォルダ及びファイルを
新SDカードにコピーして入れ替えれば使えます。
+ 3ds
+ files9
+ hblauncherloader
+ luma
+ Nintendo 3DS
+ arm9loaderhax.bin
+ boot.3dsx
今の4GBはそのままバックアップとして保管しましょう。

既に目標達成との事ですが、苦労した分CFWの世界を色々と楽しんで下さい。
2017-01-15 Sun 19:18 | URL | グロウ・フィールド #EBUSheBA[内容変更]
[BAN解除の方法って]
すいません、もう1つお聞きしたいのですが、
BANの解除方法ってどうやるんですか?
本体BANを解除する方法です。
CFW入れてるので解除出来ますよね?
2017-01-15 Sun 20:10 | URL | Hblexcellent #-[内容変更]
[Re:BAN解除の方法って]
興味がないので、正直なところ全く判りません。
当ブログの活動範囲外の内容です。
他の方のサイトやブログを参考にして下さい。
ごめんなさい。
2017-01-15 Sun 21:00 | URL | グロウ・フィールド #EBUSheBA[内容変更]
[エラー対処を追加。]
今回のエラー発生事例を参考にLuma3DS 設定時及び
本体システム復元時のエラー対処を追加しました。
2017-01-16 Mon 21:45 | URL | グロウ・フィールド #EBUSheBA[内容変更]
[SDカード]
Hblexcellentさん
SDカードは32GBもあれば十分だと思いますが
メーカー不明のバルク品は使わないほうが良さそうです
私はTrancend製でSDクラッシュしてしまった経験がありますw
2017-01-18 Wed 17:36 | URL | たけ #EH6KX9fs[内容変更]
[Re:SDカード]
たけさん、こんばんは。

私の場合は、もっぱらバルク品を使用しブランドも色々です。
半分ネタ的にブランド選定を行なっていますが当たり外れは大きいですね。
寿命も気にならない程度の差かもしれませんがフォーマッタでのカウントアップに
所々で引っ掛かりが生じるのがはやいので不良セクタがどんどん増えていそうでし
気がついたら認識せず使えなくなったカードも多いです。
読み書きのスピードの安定性についてはリテール品の方が安定して良いのでしょうね。
東芝なんかは国産リテールと海外バルクで性能がかなり違うようですしね。
2017-01-19 Thu 20:49 | URL | グロウ・フィールド #EBUSheBA[内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| ちょっと寄り道 AGAIN (仮) |