グロウ・フィールドのちょっと寄り道が、ここに帰ってきました。

url_kinsi_onegai03.jpg
Xperia Z1 (SO-01F) [ビルド番号: 362] のワンクリック root化。
2017-01-10 Tue 21:00
Xperia Z1 (SO-01F) [ ビルド番号: 362] のワンクリック root化。

1608_xperiaz1_logo.jpg

SO-02Fでも同じツールを使用可能で作業方法は一緒です。
キューブキューブさんがTwitterで、Xperia Z1/Z1f/A2 「14.3.B.0.362」用のワンクリック
ルート化ツールを公開しています。
これにより簡単にルート化出来るようになっていました。

当方の端末は日常使用しているので、このツールを確認することが出来ませんでしたが、
連休で少々端末が空くので一旦標準カーネルを焼きルート化ツールの確認を行ないました。

1701_so01f_root362_01m.jpg   1701_so01f_root362_02m.jpg
通常カーネルを焼き込みました。
ビルド番号 : 「14.3.B.0.362」
USBデバッグを有効にします。
1701_so01f_root362_03m.jpg  1701_so01f_root362_04m.jpg  1701_so01f_root362_05m.jpg
ビルド番号の部分を7回タップし開発者向けオプションを表示させます。
1701_so01f_root362_06m.jpg  1701_so01f_root362_07m.jpg  1701_so01f_root362_08m.jpg
開発者向けオプションの項目からUSBデバッグを有効に設定します。

ルート化実施に向けての準備を行ないます。
SO-01Fで記事を作成していますが、SO-02Fとの違いは使用するTWRPのファイルだけなので
TWRPのファイル名だけ読み替えて下さい。

必要な物
ワンクリックルート化ツールの入手
キューブキューブさんがTwitterから入手可能です。
https://twitter.com/cubeundcube/status/748018590012612608
ファイル名 -----> rootkitXperia_Z1A2_14.3.B.0.362.zip

TWRPの入手
入手先 ----> http://nut.xperia-files.com/
SO-01F用 ----> Z1-lockeddualrecovery2.8.26-RELEASE.combined.zip
SO-02F用 ----> Z1C-lockeddualrecovery2.8.26-RELEASE.combined.zip

必要なものがそろいました。

それでは実際に作業を開始します。

ルート化の実施。
ワンクリックルート化ツール、rootkitXperia_Z1A2_14.3.B.0.362.zip を任意の場所に解凍。
1701_so01f_root362_11m.jpg   1701_so01f_root362_12m.jpg
端末をデバックモードを有効に設定しPCへ接続。
(端末にデバッグ許可メッセージが出た場合は、常に許可を有効にして下さい)
1701_so01f_root362_13m.jpg  1701_so01f_root362_14m.jpg  1701_so01f_root362_15m.jpg
install.bat を実行。
処理がスタート。
端末が再起動し、--- all finished --- と表示されルート化完了。
1701_so01f_root362_21m.jpg   1701_so01f_root362_22m.jpg
SuperSUがインストールされています。
先人のおかげで簡単にルート化できました。

TWRPの導入。
Z1-lockeddualrecovery2.8.26-RELEASE.combined.zip を任意の場所に解凍。
1701_so01f_root362_31m.jpg   1701_so01f_root362_32m.jpg
端末をデバックモードを有効に設定しPCへ接続
(端末にデバッグ許可メッセージが出た場合は、常に許可を有効にして下さい)
1701_so01f_root362_41m.jpg  1701_so01f_root362_42m.jpg  1701_so01f_root362_43m.jpg
install.bat を実行。
実行内容を指定します。(今回は"1")
処理がスタート。
処理途中でメッセージや、端末上にSuperSU有効化のメッセージが出るので対処します。
1701_so01f_root362_44m.jpg  1701_so01f_root362_45m.jpg  1701_so01f_root362_46m.jpg
処理が終了すると、端末が再起動しTWRPが起動します。

TWRPの導入が完了しました。
1701_so01f_root362_52m.jpg  1701_so01f_root362_53m.jpg  1701_so01f_root362_51m.jpg
NDR Utils という再起動アプリが導入されます。
Reboot to Primary Recovery でTWRPが起動出来ます。

前回の記事では、「14.3.B.0.310」にダウングレードしてルート化し
複雑な手順を踏んで「14.3.B.0.362」を最終的にルート化しましたが、
このツールよってFlashTool不要で作業も1/3以下でルート化が完成しました。
FlashToolの導入はAndroid SDKも必要なのでそれが無いだけでも非常に有難いです。

関連記事


別窓 | Xperia Z1 / Z1f | コメント:0 | トラックバック:0 |
<< F1マシンコレクション創刊号 | ちょっと寄り道 AGAIN (仮) | hardmodを使用しない 3DS Downgrade 11.2 to 9.2>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| ちょっと寄り道 AGAIN (仮) |