グロウ・フィールドのちょっと寄り道が、ここに帰ってきました。

url_kinsi_onegai03.jpg
A9LH to B9S
2017-06-18 Sun 22:00
A9LH to B9S

logo01.jpg

新たな展開へ。
暫く3DS関連を放置していたら、boot9strapという物が1ヶ月ほど前に公開されていました。
sighaxの進化版なのでしょうか?
sighaxって、昨年末頃にsafehaxと同時に話題になり署名無しのCFWが起動可能だったような?

arm9loaderhax と boot9strap の違いってなんだろう?
A9LHのARM9コードを復号化時にハッキングするのに対して、B9Sはブートローダーそのものをハッキングするのかな?
末端ユーザーは通常使用に対しては差がなさそうだけど、開発車は大きな差になりますね。

https://3ds.guide/ もboot9strapに差し替わっています。
boot9strapの導入は、2.1へのダウングレードが必要なく工数も少なくブリックリスクも低いです。
また、A9LH導入済みならB9Sへの切替は簡単に行えるようです。

Luma3DSの今後のリリースはすべて、.firm形式でのみ作成されます。
この形式は、boot9strapおよびsighaxとのみ互換性があります。
つまり、Luma3DSの今後の更新はarm9loaderhaxのサポートは行なわないようです。
流れはB9Sへ動いておりA9LHは過去の物になりつつあるようです。
ということで、A9LH(arm9loaderhax)からB9S(boot9strap)に移行します。

なお、この記事は2017/6/10時点の情報を元に作製しています。

A9LH導入済の、OLD 11.2.0-35JをB9Sに移行します。

1706_a9lhtob9s_11m.jpg   1706_a9lhtob9s_12m.jpg

必要な物。
The latest release of Luma3DS (the .7z file)
The latest release of SafeB9SInstaller
The latest release of boot9strap
(standard boot9strap; not the devkit file, not the ntr file)
The latest release of GodMode9
The latest release of the Homebrew Launcher
The latest fork of Luma3DS Updater

New 3DSの場合。
New 3DS Users Only: secret_sector.bin
treentファイルへのマグネットリンクです。

ファイル更新により記事の構成方法と異なり正常動作しないことも考えられますので
この記事作成時点でのファイルのセットを置いておきます。

作業開始。
Luma3DSにPinコードが設定されてる場合、解除してから作業を開始して下さい。

入手したファイルをSDカードに導入。
1706_a9lhtob9s_31m.jpg   1706_a9lhtob9s_32m.jpg
Homebrew Launcherのboot.3dsx をSDカードのルートにコピーする。
Luma3DS.zipを解凍し、boot.firmをSDカードのルートにコピーする。
ciasフォルダが存在しなければSDカードのルートに作る。
Luma3DS Updater.zipを解凍し、lumaupdater.ciaをciasフォルダ内にコピーする。

1706_a9lhtob9s_33m.jpg   1706_a9lhtob9s_34m.jpg
boot9strapというフォルダーをルートに作る。
GodMode9.zipを解凍し、GodMode9.firmを/luma/payloads/内にコピーする。
/luma/payloads/からすべての.binを削除する。
SafeB9SInstaller.zipを解凍し、SafeB9SInstaller.binを/luma/payloads/にコピーする。
SafeB9SInstaller.binをstart_SafeB9SInstaller.binに名前を変更する。
boot9strap.zipを解凍し、boot9strap.firmとboot9strap.firm.shaを/boot9strap/にコピーする。
New 3DSユーザー : secret_sector.binを/boot9strap/にコピーする。

SDカードを3DSにセット。

boot9strap導入
Startボタンを押しながら起動し、Luma3DSのチェインローダーを起動する。
SafeB9SInstallerを(A)ボタンを押して起動する。
(私の場合、SafeB9SInstallerが直接起動しました。)
1706_a9lhtob9s_41m.jpg   1706_a9lhtob9s_42m.jpg
すべてのチェックが終わるまで待つ。
上画面に表示されたキーを左から順番に押す。
boot9strapのインストールが開始される。
1706_a9lhtob9s_43m.jpg   1706_a9lhtob9s_44m.jpg
SigHaxed FIRM install success!
と表示されて終了。
Aボタンを押し再起動。

再起動後、Luma3DS 設定画面が表示されました。
Luma3DSの設定
1706_a9lhtob9s_51m.jpg   1706_a9lhtob9s_52m.jpg
“Show NAND or user string in System Settings”を選択する。
スタートボタンで再起動する。

CTRNAND Luma3DS セットアップ
Startボタンを押しながら起動し、Luma3DSのチェインローダーを起動する。
GodMode9を選択する。
(私の場合、GodMode9が直接起動しました。)
1706_a9lhtob9s_61m.jpg   1706_a9lhtob9s_62m.jpg
[0:] SDCARD -> luma -> payloads と進む。
start_SafeB9SInstaller.binを選択。

1706_a9lhtob9s_63m.jpg   1706_a9lhtob9s_64m.jpg
Xボタンを押し削除指示しAボタンを押し削除開始。

Bボタンで初期メニュー画面まで戻る。
1706_a9lhtob9s_71m.jpg   1706_a9lhtob9s_72m.jpg
boot.firmを選択し、Yボタンでコピーする。
下画面の右上に [CLIPBOAD] boot.firm が表示されていることを確認。

1706_a9lhtob9s_73m.jpg   1706_a9lhtob9s_74m.jpg
Bボタンでメインメニューまで戻る。
[1:] SYSNAND CTRNANDにを選択。

1706_a9lhtob9s_75m.jpg   1706_a9lhtob9s_76m.jpg
Yボタンを押す。
“Copy Path(s)”を選択しAボタンを押す。

1706_a9lhtob9s_77m.jpg   1706_a9lhtob9s_78m.jpg
Writing to SysNAND (lvl1) is locked!
Unlock it now?
Aボタンを押しSysNAND のロックを解除し書込みを実行する。

1706_a9lhtob9s_81m.jpg   1706_a9lhtob9s_82m.jpg
arm9loaderhax.binを選択。

1706_a9lhtob9s_83m.jpg   1706_a9lhtob9s_84m.jpg
Xボタンを押し削除指示しAボタンを押し削除実行。

Bボタンを押し、メインメニューに戻る。
1706_a9lhtob9s_91m.jpg   1706_a9lhtob9s_92m.jpg
[0:] SDCARD に進む。

1706_a9lhtob9s_93m.jpg   1706_a9lhtob9s_94m.jpg
lumaフォルダを選択し、Yボタンでコピーする。
下画面の右上に [CLIPBOAD] luma が表示されていることを確認。
Bボタンを押し、メインメニューに戻る。
1706_a9lhtob9s_95m.jpg   1706_a9lhtob9s_96m.jpg
[1:] SYSNAND CTRNAND -> rw と進む。

1706_a9lhtob9s_97m.jpg   1706_a9lhtob9s_98m.jpg
luma フォルダを選択。
Xボタンを押し削除指示しAボタンを押し削除実行。

1706_a9lhtob9s_99m.jpg   1706_a9lhtob9s_100m.jpg
クリップボードのlumaフォルダを貼り付けるため、Yボタンを押す。

1706_a9lhtob9s_101m.jpg   1706_a9lhtob9s_102m.jpg
“Copy Path(s)”を選択しAボタンを押す。
スタートボタンを押し再起動させる。

B9S(boot9strap)への移行は完了。
1706_a9lhtob9s_111m.jpg   1706_a9lhtob9s_112m.jpg
バージョン表記は、A9LH時代と変わりません。

Luma3DS Updater のインストール(更新)
FBIを起動。
1706_a9lhtob9s_121m.jpg  1706_a9lhtob9s_122m.jpg  1706_a9lhtob9s_123m.jpg
SDを選択し、ciasに行く。
lumaupdater.ciaを選択する。
Install the selected CIA --> Yes (Aボタン)
Install finished. --> Okay (Aボタン)
ホームボタンを押し、FBIから抜ける。
以上で終了。

Luma3DS Updater を起動してみました。
1706_a9lhtob9s_131m.jpg   1706_a9lhtob9s_132m.jpg
Payload type: SIGHAX
Payload path: /boot.firm
となっています。


以上で、A9LH からB9Sへの移行が無事に終了しました。
手順通りに進めれば大きなトラブルはなく完了します。
ただ、Luma3DSのチェインローダーが起動しないのは何故だろうか?

見た目は何も変わりません。
起動は早くなったかもしれないです。


3DSのシステム情報を送信させないための簡易的な対策?
1706_a9lhtob9s_21m.jpg  1706_a9lhtob9s_22m.jpg  1706_a9lhtob9s_24m.jpg
「システム設定」→「インターネット設定」→「いつの間に通信」→「システム情報の送信」、
「システム情報の送信」オプションを無効にする。
1706_a9lhtob9s_25m.jpg  1706_a9lhtob9s_27m.jpg  1706_a9lhtob9s_28m.jpg
フレンドリスト(ホームメニューの一番上の行にある顔アイコン)に移動して、
フレンドリスト設定で、公開しない設定にする。


別窓 | 3DS | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<Boot9Strap の新規導入。(2017/06/24版) 前編。 | ちょっと寄り道 AGAIN (仮) | Chuwi Vi8 のバッテリーが寿命か?>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| ちょっと寄り道 AGAIN (仮) |