グロウ・フィールドのちょっと寄り道が、ここに帰ってきました。

url_kinsi_onegai03.jpg
B9S + Luma3DS のアンインストール。
2017-07-16 Sun 21:00
B9S + Luma3DS のアンインストール。

1706_a9lhtob9s_logo01.jpg

簡単に出来るようになりました。
GodMode9 v1.2.7 がリリースされ、スクリプトのサポートが追加されました。
そして、B9Sのアンインストールのスクリプトも合わせて公開されています。

ガイドのページにもアンインストールの方法がアップされています。

ガイドに記載されている方法も参考にB9S+CFWのアンインストールを試してみました。

SafeA9LHInstaller を使用した。A9LHのアンインストールと同様に、
CFW専用ツールで3DSのシステムを改変(SecureInfo_A編集、カスタムキーボード等)した場合、
システム環境を元に戻さずにアンインストールするとブリックし起動不可となります。
そのような方は、CFW導入前にバックアップしたNANDを書き戻す手法を行なって下さい。

1707_b9s_uninst01_01m.jpg   1707_b9s_uninst01_02m.jpg
今回使用する3DSのバージョンは、 Sys 11.4.0-37J
先日、新規にB9Sを導入した物です。


必要なもの
GodMode9
uninstaller script

GodMode9公式サイトからの uninstaller script リンク
2017/07/16現在、GodMode9公式サイトと3ds.guide サイトで配布している物は同じです。


SDカードのセットアップ
B9S+CFWが導入された3DSのSDカードを用意します。
1707_b9s_uninst01_11m.jpg   1707_b9s_uninst01_12m.jpg
GodMode9 .zipを解凍し、GodMode9.firm を /luma/payloads/ フォルダ内に上書き配置。
Godmode9 .zipのgm9フォルダをSDカードのルートにコピーします。
アンインストーラスクリプトをSDカードの/gm9 /scripts /フォルダにコピー。

以上で、SDカードの構築が終了。
SDカードを3DSにセットする。

アンインストールの実行
STARTボタンを押しながら電源ON。
1707_b9s_uninst01_21m.jpg  1707_b9s_uninst01_22m.jpg  1707_b9s_uninst01_23m.jpg
luma/payloads/ に複数ファイルがある場合は、Luma3DSチェーンローダーが起動します。
GodMode9のみの場合は、GodMode9が直接起動します。
Essential files backup,
必須ファイルのバックアップを作成するように求められたら、Aボタンを押し対処します。

1707_b9s_uninst01_24m.jpg  1707_b9s_uninst01_25m.jpg  1707_b9s_uninst01_26m.jpg
HOME を押して、アクションメニューを表示します。
“More…” を選択。
“Scripts…”を選択。

1707_b9s_uninst01_27m.jpg  1707_b9s_uninst01_28m.jpg  1707_b9s_uninst01_29m.jpg
scriptファイルの中から、該当の uninstaller script を選択しまし、Aボタンを押す。
(今回の場合は、uninstall_hax_retail_OLD)
!!WARNING!! 注意書きが表示されます。 Aボタンを押し続行。
unlock SysNAND (lvl3) 書き込み制限を解除します。 Aボタン。

1707_b9s_uninst01_30m.jpg  1707_b9s_uninst01_31m.jpg  1707_b9s_uninst01_32m.jpg
赤い画面で作業の危険性をアピールしています。
下画面に指定されたキー入力を行ない書換えを実行します。
SigHax uninstalled succesfully と表示され終了。 Aボタンを押します。
Write permissions where changed.Relock them? Aボタンを押し再ロックします。

BボタンでGodMode9の初期画面に戻ります。
現在、システムはB9Sが解除された状態です。
再起動等、GodMode9を終了することなく次のCTRNANDの作業に進んで下さい。

CTRNAND Luma3DSの削除
1707_b9s_uninst01_41m.jpg  1707_b9s_uninst01_42m.jpg  1707_b9s_uninst01_43m.jpg
SYSNAND CTRNAND - > rwに移動します。

1707_b9s_uninst01_44m.jpg  1707_b9s_uninst01_45m.jpg  1707_b9s_uninst01_46m.jpg
lumaを選択し、Xボタンを押す。
Delete "luma"? Aボタンを押し削除を実行。
unlock SysNAND (lvl1) 書き込み制限を解除します。 Aボタン。

1707_b9s_uninst01_47m.jpg  1707_b9s_uninst01_48m.jpg  1707_b9s_uninst01_49m.jpg
下画面に指定されたキー入力を行ない削除を実行します。
上画面のリストから luma が消えました。
Write permissions where changed. Relock them?
他に削除するファイルがあるので今回はBボタンを押しロックは解除したままにします。

Bボタンを押しGodMode9の初期画面に戻ります。
1707_b9s_uninst01_50m.jpg  1707_b9s_uninst01_51m.jpg  1707_b9s_uninst01_52m.jpg
boot.firmを選択し、Xボタンを押す。
Delete "boot.firm"? Aボタンを押し削除を実行。

1707_b9s_uninst01_55m.jpg  1707_b9s_uninst01_56m.jpg  1707_b9s_uninst01_57m.jpg
Write permissions where changed. Relock them? Aボタンを押し再ロックします。
上画面のリストから boot.firm が消えました。

これで、アンインストール作業は終了しました。

START ボタンを押し3DSを再起動します。

再起動後
1707_b9s_uninst01_61m.jpg   1707_b9s_uninst01_62m.jpg
下画面には、B9S導入時にインストールしたアプリのアイコンはありますが、
上画面には表示しません。
アイコンを実行すると、eショップからの再受信メッセージが現れました。

1707_b9s_uninst01_63m.jpg   1707_b9s_uninst01_64m.jpg
本体バージョン表記は、 Sys から Ver に戻りました。

B9S + CFW のアンインストールは完了したようです。
純粋にB9S+Lumaを導入しただけの環境なら全く問題なさそうです。
CFW環境でいろいろな本体環境の改造を行なっている方はこの方法は使用不可です。

スクリプト処理で作業は簡単になっていますが、どうせならCTRNANDもスクリプトで
削除出来ればよいのにと素人目には思うのですが難しいのかもしれませんね。

基本的にアンインストールの必要性は売却時だけですよね。

別窓 | 3DS | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<車のグレードアップへの挑戦。(その6) | ちょっと寄り道 AGAIN (仮) | F1マシンコレクション 第10号。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| ちょっと寄り道 AGAIN (仮) |