グロウ・フィールドのちょっと寄り道が、ここに帰ってきました。

url_kinsi_onegai03.jpg
ntrboothaxを用いた B9S の新規導入。(2017/08/13版) 前編。
2017-08-14 Mon 19:00
ntrboothaxを用いた B9S の新規導入。(2017/08/13版) 前編。

1706_a9lhtob9s_logo01.jpg

ntrboothax(magnethax)を用いた Boot9Strap の新規導入
ntrboothax(magnethax)
スリープ状態から特定のボタン操作によりファクトリーモードになる事が判明。
ファクトリーモードでROMカートリッジへの起動コードの存在が確認された。
FW更新が可能なDS Flashcart(いわゆるマジコン)のFWにハッキング用起動コード割り込ませ
ntrboot専用のROMカートリッジ化させSDカードのプログラムを実行させるら感じか。
ファクトリーモード → DS Flashcart → SDカード内のツール起動
ファクトリーモードなので3DSの本体バージョンに影響を受けません。

3DS本体バージョン v9.0~11.3の方は、非CFWの3DS単体でB9S+Lumaが導入可能な
safehaxでのB9S(Boot9Strap)新規導入 」を確認してください。

幸いにも対象のDS_Flashcartを所有しているのでチャレンジしてみました。
参考サイト ---> https://3ds.guide/ntrboot
上記サイトは頻繁に更新されています。
今回の記事は、2017/08/13時点の記載内容を参考に作業を行なった行なった物です。

導入に必要な物
B9S + Luma 導入済みの3DS (ソース3DS)
導入する3DS (ターゲット3DS)
DS_Flashcart 2017/8/13現在対応 Acekard2i、R4i GOLD 3DS RTS
(ただ、Acekard2iは偽物も多く存在し、R4i GOLDも類似名称が多いので注意してください。)

DS_Flashcart に起動コードを書き込む為のツールの実行にCFW導入済の3DSが必要なので
2017/08/13 現在、単体でのCFW導入は出来ません。

8/19現在、ntrbootをDS_Flashcarに書き込む作業にCFW導入済3DSが不要となりました。
参考記事 ---> NTRBOOTフラッシュカード作成にCFW3DSは不要となりました。
DS_Flashcarの条件次第では、CFW導入予定の3DS(2DS)のみでB9Sの導入が可能です。


今回準備した物は
ソース3DSとして、OLD 3DS Sys11.2.0-35J (B9S + Luma導入済)
1708_ntrboothax_11m.jpg   1708_ntrboothax_12m.jpg

ターゲット3DSとして、 OLD 3DS Ver11.5.0-38J (CFW未導入)
1708_ntrboothax_13m.jpg   1708_ntrboothax_14m.jpg

DS_Flashcart Acekard 2i (HW:44)
1708_ntrboothax_15m.jpg   1708_ntrboothax_16m.jpg

それでは、実際にチャレンジしてみます。

DS_Flashcartにntrboot用プログラムを書き込みます。

必要な物

以上で、必要なファイルを入手出来ました。

SDカードの準備
ソース3DSのSDカードに入手したファイルを導入します。
1708_ntrboothax_21m.jpg   1708_ntrboothax_22m.jpg
ルートに "ntrboot" フォルダを作成。
boot9strap ntr.zip ファイルを解凍し、
boot9strap_ntr.firmとboot9strap_ntr.firm.sha を ntrbootフォルダにコピー。
ntrboot_flasher zip を解凍し ntrboot_flasher.firm をSDの/luma/payloadsにコピー。

これで、SDカードの準備が出来ました。

ntrboot を DS_Flashcarに書き込む。
SDカードをソース3DSにセット。
1708_ntrboothax_31m.jpg  1708_ntrboothax_32m.jpg  1708_ntrboothax_33m.jpg
STARTボタンを押しながら電源ONで、Luma3DSのチェインローダーを起動。
ntrboot_flasherを選択する。
Dump Flashを選択する。
1708_ntrboothax_34m.jpg  1708_ntrboothax_35m.jpg  1708_ntrboothax_36m.jpg
Dump Complete! と表示され終了。
(対象外のDS_Flashcartの場合は、"Supported cartridge not detected!"と表示されます。)
(バックアップしたFWが ntrboot フォルダ内に backup.binとして存在)
Bを押してメニューに戻る。
Inject Ntrbootを選択。
Press Y if you want to proceed --> Yボタンを押し作業を続行。
1708_ntrboothax_37m.jpg  1708_ntrboothax_38m.jpg  1708_ntrboothax_39m.jpg
Press R for retail unit ntrboot --> Rボタンを押し書込み開始。
Injection Complete! と表示され終了。
Bボタンを押しニューに戻る。
EXITを選択し3DSの電源を切る。

以上で、ntrboot用のフラッシュカードが完成しました。

ntrboothaxを利用しターゲット3DSに boot9strapのインストール。

必要な物
磁石
ntrboot を導入したフラッシュカード
SafeB9SInstaller
boot9strap (standard boot9strap; not the devkit file, not the ntr file)
Luma3DS (the .7z file)
The Homebrew Starter Kit

ファイル更新により記事の構成方法と異なり正常動作しないことも考えられますので
この記事作成時点でのファイルのセットを置いておきます。
極力最新版を入手し使用して下さい。

以上で、必要なファイルを入手出来ました。

SDカードの準備
B9Sを新規に導入するターゲット3DSのSDカードに入手したファイルを導入します。
1708_ntrboothax_41m.jpg   1708_ntrboothax_42m.jpg
SafeB9SInstaller zip を解凍し、
SafeB9SInstaller.firm を boot.firm にリネームしSDのルートに配置。
ルートにboot9strap フォルダを作成。
boot9strap zip を解凍し、boot9strap.firm と boot9strap.firm.shaをboot9strapフォルダに配置。

これで、SDカードの準備が出来ました。

ntrboothaxの実行しB9Sのインストール
SDカードをターゲット3DSにセットし3DSを起動。
スリープポイントの確認。
3DSを開いた状態で磁石を当てて、画面がスリープになる場所を探す。
(磁石は目の前にあった、Xperiaマグネット充電変換アダプタを使用)
1708_ntrboothax_51m.jpg   1708_ntrboothax_52m.jpg
Bボタンの手前付近。
Bボタンの3DS側面エリア。
(個人的には3DS側面の方が安定していそうです。)

ターゲット3DSの電源をOFF

ntrboot を導入したフラッシュカードをターゲット3DSにセット。
スリープ位置に磁石をセットし、Start + Select + X ボタンを同時に押しで電源をON。
1708_ntrboothax_53m.jpg   1708_ntrboothax_54m.jpg
ntrboothaxが成功するとSafeB9SInstallerが起動する。

---------------------------------------------------------------------
失敗することが多い。
数回行なってもダメなら、再度 Inject Ntrboot を行なってみる。
磁石セットのままSafeB9SInstallerが起動する場合と、
スリープ状態で起動し磁石を外すとSafeB9SInstallerがのチェックが開始されることもある。
OLD3DSの場合は、上画面の3DSランプが点灯で失敗。消灯のままだと成功)
---------------------------------------------------------------------

1708_ntrboothax_61m.jpg  1708_ntrboothax_62m.jpg  1708_ntrboothax_63m.jpg
上画面に表示されているキーを順番に操作します。
キーの入力が完了するとインストールが開始されます。
SigHaxed FIRM install success! を表示され終了。
電源ボタンを長押してシャットダウンする。

Luma3DS のセットアップ。
ターゲット3DSのSDカードを取り外しPCにセット
1708_ntrboothax_66m.jpg
SDカードのルートにある、boot.firm を削除。
Luma3DS .7z を解凍し、boot.firm をSDカードのルートにコピー。
SDカードをターゲット3DSにセットし電源ON

Luma3DSの設定画面が立ち上がります。
1708_ntrboothax_71m.jpg  1708_ntrboothax_72m.jpg  1708_ntrboothax_73m.jpg
十字キーで 「Show NAND or user string in System Settings」 を選択ます。
Aボタンでチェックを入れます。
STARTボタンで再起動します。

インストール完了。
1708_ntrboothax_74m.jpg   1708_ntrboothax_75m.jpg
バージョン表示が Sys に変わりました。

ntrboothax(magnethax)を利用した、B9S(Boot9Strap)のインストールが無事に終了しました。

ntrboothax(magnethax)は少々癖がありますね。
使用には諦めずに繰り返す忍耐力も必要なのかもしれません。
ntrboot_flasherも更新を行なっているので安定性は増していくと思います。

次に、CFWの環境構築を行ないます。

今回はここまで。
続きは、-----> ntrboothax B9S CFW環境構築の最終セットアップ。


ntrboot化した DS Flashcartのリストア
(ntrbootを削除し、DS Flashcartを元の状態に戻す)
STARTボタンを押しながら電源ONで、Luma3DSのチェインローダーを起動。
1708_ntrboothax_91m.jpg  1708_ntrboothax_92m.jpg  1708_ntrboothax_93m.jpg
“ntrboot_flasher”を選択し起動。
“Restore Flash”を選択
1708_ntrboothax_94m.jpg  1708_ntrboothax_95m.jpg  1708_ntrboothax_96m.jpg
Aボタンを押しバックアップしたFWの書換え処理を開始
Restoring Complete! と表示され終了。
Bボタンを押しメニューに戻る
“EXIT”を選択肢3DSの電源をOFF。


関連記事

別窓 | 3DS | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<ntrboothaxを用いた B9S の新規導入。(2017/08/13版) 後編。 | ちょっと寄り道 AGAIN (仮) | Xperia Z1 (SO-01F) 再ルート化。>>
この記事のコメント
[使えるマジコン?]
手持ちのマジコンでntrboot_flasherでDump出来たもの。
acekard 2i HW:44
R4i ULTRA HW:81
R4i GOLD V2.0 HW:81 (ntrboot_flasher v0.1.2で出来た)
R4i GOLD 3DS (Rev.C)
R4i Gold 3DS Deluxe Edition Blue Card.
(R4i ULTRA、R4i GOLD V2.0は、Acekard 2i HW-81 として認識されています。)

久し振りにマジコンを出したら認識出来なくなった物がいくつかある。。。
R4i GOLD 3DS (Rev.8)
R4iDSN 3D (Rev.C)
R4i GOLDの関連カードなのでチェックしたのですが、壊した記憶が曖昧・・・・
さらに、DSTWOが行方不明?????


acekard2i専用ですが、CFW導入の3DSを使用せずに、DS/DSLでntrbootを導入するツールが
公開されている。
https://github.com/d3m3vilurr/ak2i_ntrcardhax_flasher/releases/tag/v2.0
現時点ではリストアが出来ない。
作者も必要ないだろうと考えていそうです。
DS/DSLだったらジャンク品で1000円以下で入手出来るので、公開予定のPower Savesは
本体が高いのでAK2iだけでもメリットは大きいですね。
2017-08-14 Mon 19:11 | URL | グロウ・フィールド #EBUSheBA[内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| ちょっと寄り道 AGAIN (仮) |